山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

明治維新と王党派軍人

 ペドロ・メスニエールPedro Gastão Mesnierというポルトガル人が書いた“O Japão ; estudos e impressões de viagem.”(「日本 : 研究と旅の印象」)なる本の存在を知りました。1874年にマカオで発行されたもの。
 メスニエールは、幕末に日本とポルトガルの国交が回復した後に、日本を訪れたポルトガルの外交官です。1873年に全権使節として来日したマカオ総督サン・ジャヌアリオSão Januário子爵の随員だったようです。有名なヴェンセスラウ・デ・モラエスWenceslau José de Sousa de Moraesの来日より15年ほど前のことになります。
 王政復古・明治維新により変わりゆく日本の様子が記録されているとのこと。

 さて、そのうちの1冊が、どういう経緯をたどったのか知りませんが、国際日本文化研究センターに収蔵されています。
 こちらがその目録のデータなのですが、個人的に気になるのが、注記の『表紙にある標題紙に H. de Paiva Couceiro' との書き込み』という部分です。
 私は、この書き込みに適合する名前の人物を一人知っています。エンリケ・デ・パイヴァ・コウセイロHenrique de Paiva Couceiro大佐、以前に取り上げたように、王党派の軍人として3度にわたって王政復古を狙った反乱を起した男です。1861年生まれなので、年代としては計算が合わなくもない。

 同姓同名の他人の可能性のほうが高い気はしますけど、もしも同一人物であったなら、一体どんな理由で遠い東洋の国についての本を手に取ったのか。日本の王政復古の「成功」を読んだことは、彼の行動に何か影響を与えたのか。日本の王政復古は、かえって封建社会の崩壊と国家の近代化を呼んだことは、どう思ったのか。
 売れない歴史小説の種になるくらいには、ちょっと面白い話だと思ったのですがどうでしょう。

参考
ポルトガル人のみた19、20世紀の日本」(ポルトガル国立図書館公式サイトより)
スポンサーサイト

王家の戦い

 第二次世界大戦期に君主国だった国は結構たくさんあります。主要参戦国の英国、イタリア、日本のほか、小国が色々。拾ってみるとなかなかに興味深く、そのうち詳しく調べてみたいなとも思ったりしますが、実現するか不明です。

デンマーク王国(中立)
 中立宣言も保障占領という典型例。ドイツ軍が制圧した本国は保障占領統治の成功ケースとして宣伝されたけど、国王自らサボタージュの先頭に立ったと。アイスランドとフェロー諸島は連合軍に占領されて、アイスランドは戦時中に独立してしまった。グリーンランドに至っては、連合軍とドイツ軍両方が上陸したりしている。

ギリシャ王国(連合)
 一時共和制になったあと、1936年に帰ってきたばかりの国王。イタリア王国に攻め込まれて、善戦して旧アルバニア王国まで押し返すけどドイツ介入で国王亡命。生き残った装甲巡洋艦は、インド洋で船団護衛したり。

ハンガリー王国(枢軸→連合)
 王国なれど国王はいず、国王あらねど摂政がおり、海は無けれど摂政は提督。東欧各国の例に漏れず、後半戦はソ連にやられて対枢軸戦に動員。共産主義国に。

イラン王国(中立)
 パフラヴィー朝イラン。国号をペルシアからイランに変えて、中央集権化・富国強兵を推進。中立宣言したけど、産油国の上、インド洋からソ連への補給路に便利、独伊の影響強しと連合国側ににらまれる要素盛りだくさんで、あえなく電撃占領ペルシア回廊。海空軍はあえなく壊滅して国王は譲位。ソ連の介入名目はペルシア・ソビエト友好条約6条。チャーチル曰く「戦時には法は沈黙する。」

タイ王国(枢軸)
 ポンド制に入っているなど英国寄りのお国だったのが、ヴィシー政権下の仏印との紛争などを経て日本と接近。そんな日本に中立無視で英領侵攻ルートに使われて交戦するけど、真珠湾を見て勝ち馬に乗るつもりで枢軸側で参戦。
 日本に裏切られて単独講和されるけど、どっこい米国との裏交渉で見事に敗戦国扱いを回避して国連加盟。ただし英国は納得しなかったので、賠償させられる。チャーチル曰く「許しがたい背信」と。でも、英国も「マタドール作戦」で保障占領を狙っていた。

 ほか欧州ではベネルクスやノルウェー、ユーゴスラビア、リヒテンシュタインなど、それ以外ではアフガニスタン王国など。エチオピアも元の皇帝が帰ってきています。植民地などで名目上の王家があるところも多く、おおざっぱに把握するだけでもちょっと手間ですね。

大学通りは本当に滑走路

 東京都国立市の大学通りは、国立駅から一橋大学の脇を通って、谷保駅までまっすぐ南に延びています。
 有事の際には滑走路になるからだとか、路面電車を通すためだったとか、在学中からいろいろな話を聞いていたのですが、このうち滑走路という話は一応本当だったようで驚きました。都市伝説だとばかり思っていました。
 昭和2年頃に、軽井沢との定期連絡路が実在したのだそうです。海軍から払い下げを受けた10式艦上偵察機を使って、国立―南軽井沢間を50分で結んでいたとのこと。

 10式艦偵は、大正10年に開発開始された日本海軍最初の航空母艦用の偵察機です。なかなか良い機体だったようで、退役後も多くが民間に払い下げられて使用されました。新千歳空港の博物館に現存機が展示されています。

参考
大学通りは滑走路』(「くにたち商店街形成史」より)
C1M 10式艦上偵察機』(つつじヶ丘航空博物館)

アブデルクリム回顧録?

 こんなブログでも読んでくださる方がいるのは、ありがたいものです。
 検索の途中で間違ってアクセスしてしまったという方もいるかもしれませんが。その場合、申し訳ないのです。

 先日、「リーフ共和国興亡」の記事を読んだ方が、自分の大学の図書館に関連資料がありますよと、写真を送ってくださいました。
 著作権等は消滅しているでしょうし、撮影者の方の許可も頂いたので、掲載いたします。
krim.jpg

図書館の蔵書データによると、
・表題:「Memoiren :mein Krieg gegen Spanien und Frankreich」
・著者: Abd el-Krim(1883?-)
・出版: Dresden,1927

 なんと、アブデルクリム(アブド・アル・クリム)本人が、1927年に出版した回想録のようです。うっすらとサインらしきものが見えます。こんなものが、しかも日本にあるとは驚きました。
 1927年ということは、レ・ユニオン島に島流しになっているときに執筆したのでしょうか。
 ドイツ語で書かれているので、残念ながら私には読めそうにもありません。教えてくれた方も、第二外国語選択は中国語なので内容はわかりませんとのこと。そう仰られると、第二外国語でドイツ語を選択したはずの私の立つ瀬が無いのですが。

 試しに副題だけ訳してみると、「スペイン及びフランスに対する我が戦い」でしょうか。あまり冴えた訳ではないですねえ。
 訳を考えるうち、ヒトラーの「我が闘争Mein Kampf」との関係があるのかな、と一瞬思いましたが、無いでしょうね。「我が闘争」の第一巻が1925年出版ですから、時系列的には問題ないですが。
 アブド・アル・クリムはドイツびいきだったようなので、影響を受けたかはともかく、読んだことが無いとも言い切れないか。獄中出版の「我が闘争」を読んで、自分も島流し先で執筆していたのなら、ちょっと愉快です。我が妄想。

海の修道士=地獄の吸血鬼

1166022422.png 昨日紹介した「奇怪動物百科」の中に、「海の修道士」という生き物の話が出てきました。左に載せた図が、その「海の修道士」の肖像です。「奇怪動物百科」から、適当になるべく忠実に模写してみました。
 もともとは、コンラッド・ゲスナーConrad Gessnerという16世紀スイスの医師が、著書「動物誌」に記録しているそうです。
 トゲだらけの手足に、衣服なのか皮膚なのかわからない胴体。頭は禿げています。人を見かけで判断するのはいけませんが、私には仲良くなれる自信は無い姿です。とりあえず、握手はしたくありません。

1166022401.jpg しかし、ふと気付いたのですが、なんとなく見覚えのある気がします。顔が知り合いに似ているのかなどと考えた挙句、思い出したのがコウモリダコ氏のことです。
 トゲだらけのたくさんの足、スカートのすそのように広がった膜と、良く似ていませんか。トゲこそ付いていませんが、ちょうど手のようなヒレまで持っています。

 コウモリダコは、「地獄の吸血イカ」という意味の学名Vampyroteuthis Infernalisを持つ、イカ・タコの遠い親戚だそうです。いわゆる生きている化石で、中生代の海生爬虫類の化石のお腹の中から、足トゲの化石が大量に発見されたケースもあったと思います。

 この「海の修道士=吸血鬼」仮説には、残念ながら難点があります。
 ひとつは生息海域の問題。コウモリダコの生息地は、暖かい海のようです。しかし、ゲスナーによれば、海の修道士が捕獲されたのは、ノルウェーとスコットランドという北方海域で各1例のみとのこと。矛盾してしまいます。
 もうひとつの問題は「顔」がないこと。毛が生えていないのは合っているのですが。

 それでも、難点には目をつぶって、あえて言おう。
 奇怪海洋生物「海の修道士」は、確かに実在した!!
 善人面した「海の修道士」の正体とは、数億年も生き続ける「海の吸血鬼」だったのだ!!


追記
 コウモリダコが登場するらしい漫画までが実在した!!
 新居さとし「うみんちゅ」という作品。詳しくは、作者のブログの当該記事参照のこと。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。