FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

トマトジャムの作り方

teatime.jpg トマトをたくさんいただいたので、トマトジャムを作りました。ジャムをふつふつとさせて煮詰めているのは、甘い香りを楽しめて好きな時間なのですが、夏はさすがに暑くてしんどいものがありました。
 出来上がったものをさっそくトーストに塗ったのと、ヨーグルトに入れたので食べてみました。アンズのジャムに近い味わいだと思います。トーストは良好。ヨーグルトに入れると、なぜかトマトの青臭さがかすかに戻ってきてしまって、いささか失敗だったかも知れません。


washing_tomato.jpgレシピ
分量は、完成品のジャム200ml相当。
・トマト(小):12~13個
・レモン汁:レモン1個分
・砂糖:150gくらい

1)トマトを洗って、ヘタを取り、皮を湯むきする。
   どうせジャムにするので、崩れても気にしない。

2)トマトの芯の部分を切り落とし、身を粗く刻む。
   小さいトマトなら、1/4に切るくらいで十分。
   種を除くほうが丁寧な作り方のようだけど、
   種も使った方が、手作り感があっていいかも。
bubble_bubble.jpg
3)鍋に入れて、砂糖全量を加えて、煮込む。
   トマトの場合にはアクが出るので、取り除く。
   青臭い香りがかなり漂うので、苦手な方は注意。
   水分が減るにつれ焦げやすくなるので、よく混ぜる。
   でも、混ぜるときに跳ねて火傷しやすいので注意。

finished.jpg4)煮詰める。レモン汁を加えて、酸味ととろみを調整していく。
   トマトの場合、レモンを加えなくても、とろみは十分つくかも。
   リキュール(何の?)を加えるレシピもあるようだ。
   トマトの臭み消しが主目的だと思われるが、
   適当なのを持っていないし、トマト嫌いではないので省略。

5)完成。瓶に詰める。瓶はよく洗って乾かした清潔なものを使う。
   この瓶の分量は350ml強なので、完成品は200mlくらいの量。
bottled.jpg

4766212940ミセスベリーのジャム・ノート (マイライフシリーズ 738 特集版)
赤曽部 麗子
グラフ社 2009-11-25

by G-Tools



関連記事
バナナジャムの作り方」(2011年8月10日)

Twitterはじめました。

Twitterというのにいまさらながら手を出してみました。
……たぶん、すぐに面倒くさくなってやめる予感。
ひととおり使い方がわかるくらいまでは、続くといいかなと。
http://twitter.com/#!/baron_yamaneko

保守

しばらく新しい記事を書いていなかったら、広告が最上部に表示されるようになってしまったので、とりあえず保守用に記事投下。

「鋼棺戦史」関連では、フィリピン防衛戦には思ってた以上にたくさんの日本軍装甲部隊が参加しているのに気付き、どこまで調べられるものかと思案中です。
戦史叢書に出てくる戦車第2師団や独立戦車中隊3個、捜索連隊のほかに、軍直属や歩兵師団隷下の現地編成らしいものがいろいろと見つかります。ただ、情報が断片的で部隊の名称すら分からなかったり、改編が多かったりで、うまく整理がつきません。
旧式化した八九式中戦車や、緒戦で鹵獲したM3軽戦車などあれな装備が多数なのは、末期戦が好きな人にはたまらないでしょうねえ。

あの頃なりたかった自分になれましたか

雪が降りだしたら憂鬱になるような、そんなつまらない大人にはなりたくないと思っていました。
この点に関してだけは、自信を持って、あの頃の将来の目標をきちんと達成したと言えます。
やほーい、東京は雪です。
雪国の人、ごめんなさいね。

うさぎや

あけましておめでとうございます。
本年もどうかよろしくお願いいたします。

卯年ということで、阿佐ヶ谷の和菓子屋「うさぎや」のどら焼きを買ってきて食べました。
どら焼きが名物の上野広小路うさぎや系の、のれん分けした店だそうです。
ちなみに、阿佐ヶ谷限定らしい、うさぎまんじゅうというのも、かわいらしく美味しいです。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: