FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

カリスト―開戦前夜―

 11月の異名は霜月です。
 「霜月騒動」という歴史上の事件があります。鎌倉時代の中期、安達氏が将軍の座を狙っていることが「発覚」して、クーデター未遂事件として鎮圧されたのですが、どうも北条氏による謀略だったらしく、濡れ衣というのが通説のようです。
 名前の通り、この事件が起きたのは旧暦11月霜月のこと。そして、その当時安達氏のトップだった安達泰盛が討たれたのが、今日11月17日(旧暦)だったといいます。
 そんな、720年前の謀略事件の日に、今度は93年後の西暦2098年の謀略事件をお届けします。


谷甲州「カリスト―開戦前夜―」
             (ハヤカワ文庫,1988年)

総合評価:★★★★★
 21世紀末、木星・土星の衛星カリスト等に建設された外惑星植民地は、密かに軍事同盟を結ぶ。仮想敵は、地球の軍事組織「航空宇宙軍」。しかし、宇宙船建造を制限され、経済的にも劣る外惑星軍は、航空宇宙軍には到底及ばない。
 外惑星軍の動きをなぜか察知していた航空宇宙軍は、強力な艦隊を派遣し、軍事施設への査察を要求。これに対し、主戦派のカリスト軍は、限定戦争をも辞さずとし、奇襲作戦を目的とした初の陸戦部隊「陸戦隊」の組織に踏み切る。

火星年代記

 火星大接近だそうです。
 毎年、同じ公転運動をしているようでも、最接近時の距離は、年によって大分揺らぐのだとか。
 そして、今年2005年は、大変接近している年になると。2003年にはもっと近づいたそうですが、今年の距離でも、火星はかなり明るく見えています。ピークは過ぎましたが、11月いっぱいは良く見えるとのことですから、たまには夜空を見上げて火星を探してみるのも良いかもしれません。


レイ・ブラッドベリ「火星年代記」
  小笠原豊樹訳(原題:“THE MARTIAN CHRONICLES”)(ハヤカワ文庫,1976)

火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)
総合評価:★★★★★
 1999年1月、一機のロケットが火星へと飛び立った。ほんの一瞬、夏がこの地上を覆った。
 火星人と接触した探検隊は、消息を絶ってしまう。しかし、第二、第三と探検隊が火星へと送られ、それに入植者が続く。こわいから来た人、こわくないから来た人、幸福だから来た人、不幸だから来た人、巡礼だから来た人、巡礼の気持ちを感じずに来た人。火星人の付けた名をロケットがハンマーのように打ちくだき、代わって新たな立て札が立てられてゆく。「鉄の町」「電気村」「第二デトロイト」……。
 オムニバス形式で送られる26編。

夏のロケット

 小説のほう。あさりよしとおの漫画「なつのロケット」については別記事を

川端裕人「夏のロケット」
              (文藝春秋,1998)

夏のロケット (文春文庫)総合評価:★★★☆☆
 「ぼく」こと高野は、高校時代、天文部ロケット班の一人として、密かにロケット実験を繰り返していた。目標は火星への有人飛行。
 あれから十数年、ぼくは新聞社のさえない科学部記者。ある日、社会部から応援要請を受け、見せられたのはミサイルテロ未遂事件の現場写真。そこに写っていた残骸には、見覚えのあるロケットの部品が混じっていた。
 事件を追ううち、ぼくは、自分以外の旧ロケット班が集結して「陰謀」を企てていることに気付くのだが……。

世界の中心で愛を叫んだけもの

 元ネタの元ネタのほう。


ハーラン・エリスン「世界の中心で愛を叫んだけもの」
  朝倉久志・伊藤典夫訳
   (原題:“THE BEAST THAT SHOUTED LOVE
              AT THE HEART OF THE WORLD”)(ハヤカワ文庫,1979)

世界の中心で愛を叫んだけもの (ハヤカワ文庫 SF エ 4-1)世界の中心で愛を叫んだけもの総合評価:★★★☆☆
 表題作ほか15編+「まえがき」からなる短編集。

「世界の中心で愛を叫んだけもの」
 アメリカで一人の残虐な無差別殺人犯が死刑となった。しかし、その判決直前、男はなぜか叫んだのだ。「おれはみんなを愛してる、おまえたちみんなを!」
 その後、なぜか、その男の石像が、宇宙の果てで見つかる。なぜか。
 クロスホエンと呼ばれる、人類の知らない清浄の地にすべての答えはあった。

「星ぼしへの脱出」
 異星人の侵攻をうけた星がとった秘策、それは、

地球の長い午後

ブライアン・W・オールディス「地球の長い午後」
         伊藤典夫訳(原題:“HOTHOUSE”)(ハヤカワ文庫,1977)

地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)総合評価:★★★★★
 遠い未来、月の引力に干渉され、ついに地球は自転をやめる。月は地球と向かい合って、永遠の午後のひと時の位置に静止した。
 「昼」の世界は温室と化し、凶暴な木々に覆い尽くされた。その森を支配するのは、動物に相似進化を遂げた植物たち。森の頂からは、巨大な植物蜘蛛「ツナワタリ」が月へと巣を張り、発着していた。
 文明を失くした人類にとって、仲間と呼べる存在はせいぜいシロアリだけ。突如として襲ってくる鳥人が、子供たちをさらっていく。そして、時が来ると、老人たちはツナワタリに運ばれて「天」を目指す。そうなるのがさだめだから。そして、それだけが希望。
 一人の少年が、異端ゆえに群から追放される。一人の少女も行動を共にする。森の外れで二人は、シロアリに寄生した奇妙なキノコに出会う。少年の頭にも取り付いたそれは、自らを「アミガサタケ」と名乗る。アミガサは語る。「お前を助けてあげる。」
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: