FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

流氷の海―ある軍司令官の決断

相良俊輔「流氷の海 ある軍司令官の決断」
                 (光人社NF文庫,1994年)

流氷の海―ある軍司令官の決断 (光人社NF文庫)総合評価:★★★☆☆
 太平洋戦争当時の陸軍中将、樋口季一郎の伝記。1973年に発行された単行本の文庫版。一言で言うと、中小企業の社長立志伝風+北方陸軍作戦記。

 内容は、大きく分けて、1・2章、3・4章、5・6章の三部構成といえます。
 第一部は、アッツ戦時の回想と言う形式で、「オトポール事件」を中心とした特務機関時代を。
 第二部は、北方軍司令官として、アッツの玉砕を命じる過程と、キスカの撤退作戦を指揮する過程が中心です。これに前線部隊の描写が、かなり加わります。
 第三部は、樺太・千島での対ソ戦の前線描写が主体で、これに司令部の状況が若干。さらに、冒頭には、戦前の対中和平工作の模様も描かれています。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: