FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

四人の軍令部総長

 最近、戦争ゲームに、はまっています。というと、なんとも人聞きが悪い感じですが、面白いので仕様がない。
 具体的には、スーパーロボット大戦というシリーズの、古いのを引っ張り出して遊んでいます。まだシステムの完成度が低く、不親切設計なのですが、これがどういうわけか、結果として絶妙のゲームバランスを生んでしまってるんです。ジャンルとしては、戦術シミュレーションということになるのでしょう。
 戦争ゲームとひとくくりにしても、戦術レベルなのか、戦略レベルなのかという違いがあります。簡単に言うと、一局面での軍隊と軍隊の勝敗を争う作戦が「戦術」、国と国の勝敗を決める大局的な作戦が「戦略」。究極の外交手段として戦争を活用して、いかに国家の目標を通すか考えるのが戦略。
 例えば、「大戦略」というゲームがありますが、これ看板は嘘で戦術シミュレーションです。戦車の動かし方を考えてるだけですから。戦略を名乗るからには、どういう形で戦争を終わらせるのかを考えて、その結末にいかに相手を追い込むのかを扱わなければならないはずなんですが。本気でそれをゲーム化したら、死ぬほど面倒くさいでしょうけれど。


吉田俊雄「四人の軍令部総長」
             (文春文庫,1991年)

総合評価:★★★★☆
 陸軍参謀本部と並ぶ、海軍側の最高機関「軍令部」。太平洋戦争中、そのトップである軍令部総長を務めた四人の提督を描き、海軍の戦略を分析したノンフィクション。
 著者は、元軍令部員の海軍中佐。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: