FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

日本軍の小失敗の研究―現代に生かせる太平洋戦争の教訓

 運命というものを信じたくなってしまう出来事がありました。
 今日紹介する本は、しばらく前から決めていたのですが、なんと今朝の朝刊にもこの本が紹介されていたのです。いやはや、びっくりしました。(気になる方は、読売新聞12月11日15面「愛書日記」をご覧下さい。)


三野正洋「日本軍の小失敗の研究」
              (光人社,2000年)

日本軍の小失敗の研究―現代に生かせる太平洋戦争の教訓 (光人社NF文庫)総合評価:★★★☆☆
 太平洋戦争に日本はなぜ敗れたのか。最大の失敗は「アメリカと戦ったこと」であるのは言うまでもない。しかし、それ以外の「小失敗」について、冷徹な分析を行うことこそ、具体的な教訓を見出すうえでは重要である。このような発想から日本軍の敗因分析を行った一冊。
 主な内容は、補給の軽視、兵器整備の失敗、効果分析の不在と特攻、「専門家」の硬直など。

 前書きの基本的な発想を読んだときは、なかなか面白い本ではないかと感じていました。しかし、読み終わっての感想は、どうも腑に落ちない部分が残るといったことになってしまいました。以下、三点理由を述べます。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: