FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

光の雨

 暮れ行く2005年は、戦後60年ということで、世の中では太平洋戦争を振り返ることが多かったように思います。
 日本で「戦後」というと、普通は太平洋戦争後を指します。それ以来、日本は戦争を経験していないということですが、かかる日本で戦争を起こそうとした人々がいます。といっても10年前に世界最終戦争(ハルマゲドン)を企画した方の人々ではなく、それよりも前のほうの話です。
 本日お送りするのは、今日12月15日が誕生日の作者が代弁する、彼らの物語。


立松和平「光の雨」
        (新潮文庫,2001年)

光の雨 (新潮文庫)総合評価:★★★★☆
 予備校生の満也は、アパートの隣室に住む奇妙な老人に問いかけられる。
「君は革命を知っているか」
 玉井潔と名乗る老人は、自分はもうすぐ死ぬと言う。そして、どうかぼくの話を聞いて欲しいと、かつて「革命」を夢見た「兵士」たちが起こした「殲滅戦」について語り始める。
 14人の若者は、なぜ「同志」によって雪山で殺されなければならなかったのか。忌まわしい事件から60年を経た2030年、老人がつむぐ死者たちの言葉によって、その真相が若者に伝えられる。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: