FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

中立国の戦い―スイス、スウェーデン、スペインの苦難の道標

 「スペイン内戦と海軍」シリーズの参考にした資料を、もう一冊ご紹介しておきたいと思います。

飯山幸伸「中立国の戦い」
            (光人社文庫,2005年)

中立国の戦い―スイス、スウェーデン、スペインの苦難の道標 (光人社NF文庫)総合評価:★★★★☆
 「中立国」は、いかにすれば平和と独立を保つことが出来るのか。第二次世界大戦中、戦場に近接しながらも、かろうじて独立を維持できた中立国3国(スイス、スウェーデン、スペイン)の政治的背景や外交的・軍事的努力をまとめた一冊。その他の中立国(トルコ、イラン、アルゼンチン、アイルランド、ポルトガル)についても簡単に記す。巻末に、参考文献一覧、中立各国の軍備の概要表付属。

 中立国というのは、それほど美しいものではないということは、割合に知られるようになっているかと思います。例えば、最近よく名前を聞くスイス銀行が、ナチス・ドイツがユダヤ人や占領地で吸い上げた秘密資金の運営に、使われたというような「黒い」お話があります。
 ただ、スイスをはじめ中立国は、そういう後ろ暗い迎合ばかりをしていたわけではない、ということを総合的にまとめたのが本書です。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: