FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

エンデュアランス号漂流

アルフレッド・ランシング「エンデュアランス号漂流」
   山本光伸訳(原題“ENDURANCE”) (新潮文庫,2001年)

エンデュアランス号漂流 (新潮文庫)総合評価:★★★★★
 1914年、南極大陸横断に挑む英国シャクルトン探検隊は、帆船エンデュアランス号に乗り込み、南極大陸をめざした。『至難の旅。僅かな報酬。極寒。暗黒の長い日々。耐えざる危険。生還の保障なし。成功の暁には名誉と賞賛を得る。』
 ところが、上陸を目前に、流氷によって囲まれて、航行不能に陥る。船は頑強に圧力に耐え続けたが、9ヵ月目に沈没してしまう。
 氷原に取り残された隊員たち。救援は期待できない。シャクルトン隊長は、自力での生還を決意して、全員を出発させる。総勢28名。目的地は、560km先、緊急備蓄のあるポーレ島へ。
 17ヶ月に及ぶシャクルトン隊の漂流を、隊員の手記や写真など豊富な資料によって描き出したノンフィクション。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: