FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

一九四五年夏 最後の日ソ戦

 一部では有名な「サッカー戦争」が、やっと正式に終わったそうです。
 『「サッカー戦争」に終止符 中米2国、国境画定で署名』(共同通信)
 初めてこの戦争を知ったときは、冗談かと思いました。背景事情が色々あって、サッカーはあくまできっかけだったようですが。

 一方、地球の反対側では、竹島辺りが、きな臭いようです。まさかとは思いますが、サッカー戦争を考えると、何が開戦のきっかけになるか知れたものではないとも思えてきます。

 もうひとつ、サハリン(樺太)で捕虜になった元日本兵の方が、一時帰国を果たしたという、こちらは救いのあるニュース。この方の戦争は、やっと終わったのかもしれません。


中山隆志「一九四五年夏 最後の日ソ戦」
                 (中公文庫,2001年)

一九四五年夏 最後の日ソ戦 (中公文庫)総合評価:★★★★★
 1945年8月15日、日本、ポツダム宣言受諾。
 しかし、終戦を迎えたはずであるこの日、日本の北辺「樺太」では依然として戦闘が続いていた。守備する日本軍と、侵攻したソ連軍との間の戦闘は、千島列島へまで拡大していく……。
 本書は、樺太・千島での細かな戦闘の経過を中心に、戦前の領土問題の経過や、交戦結果の戦後への影響まで、幅広い資料分析により、その戦いの全貌を明らかにしようとするものである。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: