山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

パパーニンの北極漂流日記

 流氷に乗って行けば、船無しでも旅行ができるかも、などということを考えたことがある方はいませんでしょうか? 私は、大昔、ケストナーの「動物会議」という絵本を読んで、流氷旅行に憧れた記憶があります。
 とりあえず、氷の塊で船を作れば安く巨大空母ができるじゃん、と考えた人は実際いるみたいですけれど。さてさて。


イ・デ・パパーニン「パパーニンの北極漂流日記」
                (東海大学出版会,1979年)

総合評価:★★★☆☆
 1930年代中頃、ソ連の科学者パパーニン率いる4人のソビエト科学アカデミー調査隊が、北極で偉大な科学実験を試みた。飛行機で流氷に乗り移り、そのまま観測をしながら航海をしようというのだ。
 本書は、テント基地「北極一号」での日々を綴った英雄的科学者パパーニンの手記を公刊したものである。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。