山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

リーフ共和国興亡(第1回)

1.はじめに
 リーフ連合共和国とは、1923年~1926年の4年間だけ、アフリカ北部、現在のモロッコの一部に存在していた小国です。
 1920年代といえば、第一次世界大戦が終り、「民族自決」のスローガンの下、ヨーロッパに多数の独立国が生まれた時期でした。しかし一方で、まだ列強の植民地が世界中に存在していた時代。アフリカでは、リベリアを除くとエチオピア帝国のみがかろうじて独立を保っているだけでした。

 そのような中、有能な指導者に率いられ、独立国家建設をめざし立ち上がった者たちがいました。それがリーフ族であり、リーフ共和国であったのです。彼らは統治機構を整え、近代的な軍隊を創り上げます。
 そして、圧倒的に優勢なスペイン、フランスを相手に敢然と戦いを挑みました。その力戦ぶりには、スペイン軍部ですら、植民地放棄を一時考えるほどでした。

 最終的には二正面作戦という戦略ミスと、西仏連合軍の決行した上陸作戦により、リーフ軍は敗北。共和国は荒野の幻と消えます。
 しかし、敗れたとはいえ、みずから近代的な軍隊を組織してヨーロッパ列強を本気にさせ、一か八かの上陸作戦まで決断させたというのは、賞賛に値することではないでしょうか。
 この成功まであと一歩に迫った試みの概要を、その戦闘の記録とともにまとめてみたいと思います。(第2回へ続く

<目次>
1.はじめに
2.共和国前史
3.スペインの内陸進出計画
 (1)アルフォンソ13世 (2)侵攻 (3)アンワールの戦い
4.リーフ共和国建国
5.スペインの動揺
 (1)プリモ・デ・リベラの登場 (2)スペイン軍の改革
 (3)西部でも続く敗戦
6.共和国対共和国
7.アルセマス上陸作戦
 (1)反撃準備 (2)D-day (3)首都攻防
8.崩壊
9.エピローグ
 (1)決算 (2)アブデルクリムの後半生 (3)それからのアルフォンソ13世
 (4)新生スペイン共和国 (5)アフリカの将軍たち (6)スペイン内戦へ
付1.リーフ共和国関係年表
付2.参考文献一覧

アブデルクリム
(リーフ共和国大統領アブデルクリムの回顧録)
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: