山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

サハラに舞う羽根

 テレビ東京の映画番組「木曜洋画劇場」は、妙に面白い作品を放送してくれることがあります。期待しないで見ていると特に。
 だいぶ前ですが、何の気なしにチャンネルを回したら、砂漠を進軍する英軍ラクダ部隊が映って、見入ってしまいました。真っ赤な制服、白いヘルメットの兵士が、ラッパに従って方陣を組んでいるのは、なかなか様になっていました。「サハラに舞う羽根」という映画でした。


A・E・W・メイスン「サハラに舞う羽根」
金原瑞人・杉田七重(訳) 原題“The Four Feathers”(角川文庫,2003年)

サハラに舞う羽根 (角川文庫)
総合評価:★★★★☆
 19世紀末、大英帝国の栄光の頃。
 エジプト出征が近いことを知った青年将校ハリーは、そ知らぬ振りで、婚約を理由に軍籍を離れる。彼は、戦場で臆病な振る舞いをするのではないかと、ずっと怯えていたのだ。
 しかし、出征を知って逃げたことは、すぐに3人の同僚にわかり、彼は臆病者の印「白い羽根」を送りつけられる。そして婚約者エスネまでもが、それを知って、白い羽根を突きつけたのだった。
 全てを失ったハリーは、4枚の羽根を返上する機会を求めて、単身エジプトへ向かうことを決意する。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。