FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

ブーゲンビル戦記 一海軍主計士官死闘の記録

 海軍というと軍艦の操縦が仕事のようですが、各種の陸戦隊をはじめとした地上部隊も持っています。日本海軍の場合、太平洋戦争中、その規模は巨大なものになっていました。
 陸軍系の戦記を読んでいても、よく出てきます。海軍の陸戦服は陸軍よりも青みの強いせいで、ときに「汚い緑色の奴ら」などと悪意をこめて呼ばれていたりします。


藤本威宏「ブーゲンビル戦記~一海軍主計士官死闘の記録~」
                              (光人社,2003年)

ブーゲンビル戦記―一海軍主計士官死闘の記録 (光人社NF文庫)総合評価:★★★★★
 ソロモン方面の第八艦隊司令部に配属された海軍主計中尉(終戦時大尉)の従軍回想。著者が当時記録していた日記を元に、書かれたもの。
 ラバウルからブーゲンビル島ブインへ派遣され、さらに同島北端のブカ地区へ移動、第87警備隊に転属となる。物資管理と現地住民の宣撫工作にあたりながら、侵攻してきた豪軍と交戦、玉砕寸前で敗戦を迎える。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: