FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

ダンピールの海―戦時船員たちの記録

 軍隊が行動するときに、作戦名をつけることがあります。
 西欧の軍隊の場合、なかなか洒落たものをつけるようです。例えば、「春の目覚め作戦」(1945年春、独軍最後の攻勢)やら、「オリンピック作戦」(九州上陸作戦)など。
 一方、日本の場合、シンプルなものが多いようです。単に地名から取ったり(ミッドウェー攻略なら「MI作戦」)、意味の無い文字だったり(マリアナ防衛「あ号作戦」)
 そういう意味でわりあい例外的なのが、「81号作戦」でしょうか。ニューギニア方面の強行輸送船団のことで、姉妹船団の「18号作戦」とともに駄目もとの「一か八か」からとったと言われます。本当なら嫌な凝り方です。結果として、ダンピール海峡付近で輸送船8隻は全滅しました。


土井全二郎「ダンピールの海―戦時船員たちの記録―」
                          (丸善,1994年)

撃沈された船員たちの記録―戦争の底辺で働いた輸送船の戦い (光人社NF文庫)総合評価:★★★★★
 太平洋戦争中、多数の日本民間船舶が、戦火によって失われた。あるものは徴用されて部隊や軍需物資を輸送中に、あるいは生活を支える資源を運ぶ途中で。
 しかし、激しい敵の攻撃や、時に理不尽な軍の命令に苦しんだその具体像は、軍艦の場合と比してあまり一般には知られていない。 その知られざるエピソードの数々を伝える、戦没船員6万人への鎮魂の書。
 なお、改版が「撃沈された船員たちの記録―戦争の底辺で働いた輸送船の戦い」の名で光人社NF文庫より発売。(画像は光人社NF文庫版)
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: