FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

雪の中の軍曹

 金曜日に東京で初雪が降るかもしれないと、テレビの天気予報で言っておりました。的中すれば、観測史上最も遅い初雪という記録になるそうです。


マリオ・リゴーニ・ステルン「雪の中の軍曹」
        大久保昭男(訳)    (草思社,1994年)

総合評価:★★★★★
 第二次世界大戦、枢軸軍の敗色が次第に色濃くなりつつある1942年末の東部戦線。その戦場を生き延びた、一人のイタリア軍下士官の回想記。小説家でもある著者の文章は、無駄が無く、それでいて生き生きと情景を伝える。
 深い雪の中、満足な補給はなく、武器も食糧も指先までも凍りつく冬のロシア。ドン河畔の拠点は孤立し、ついに退却命令が下る。そんな苛酷な状況でも、時に兵士たちは人間としての顔をのぞかせ、著者はその一瞬を逃さず書き留める。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: