山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

近衛集成機甲隊

近衛歩兵第5連隊の部隊史より、戦車中隊についてメモ。

近衛第二師団が海洋師団化された際に、近衛歩兵第5連隊は、海上機動反撃連隊に指定。
他の海洋師団の場合と同様、師団砲兵・歩兵砲を大隊に分属。機関砲中隊(高射機関砲3門)、戦車中隊などを追加編合。
ただし、師団戦車隊は存在しない模様。近衛捜索連隊が代わりに存続か?

連隊戦車中隊は、捜索第51連隊の軽装甲車中隊を改編したもの。
正規装備は、95式軽戦車9両、水陸両用貨車(スキ車)1両、小型連絡車1両。
昭和19年秋には、無事にすべて合流。

このほか、正規戦車中隊編成以前から、鹵獲したブレンガンキャリアー1両を連隊「戦車隊」として装備。近衛捜索連隊の指導の下。師団全体で相当数保有(追記も参照)。
戦車中隊編合後は、戦車中隊に追加装備。

戦車中隊は、部隊合流後、対戦車訓練の仮想敵などとしても活動。
連隊の指揮下から除かれ、捜索連隊の戦車中隊1個とともに集成機甲隊として、師団直轄扱いに。連隊戦車中隊長が統一指揮。

ブレンガンキャリアー2両を火炎放射戦車に改造し、戦車隊の装備に追加。しかし、試験中に1両が火災事故を発生し、乗員2名が殉職。
このほか、95式軽戦車には、荷物搭載用の荷台を後部に取り付け。
2両は、47mm砲を搭載した「砲戦車」に改造し、終戦直前に完成も、試射の機会は無し。終戦後、元の37mm砲に復旧。

終戦後、1945年12月頃に、アチェ部族の鎮圧のため連合軍許可の下、出撃。
自動貨車車列の前後に、計5両の95式軽戦車を配置したコンボイ。2両が基地警備のため残留。残り2両は、砲戦車に一次改造したもので、稼働状態に無し。
日本軍からの強奪兵器を持つアチェ武装勢力と交戦。武装バスを戦車砲で撃破し、橋を封鎖するバリケードを蹂躙するなど活躍。警戒のため、適時歩兵を跨乗させる。
以後、戦車の威力を思い知った武装勢力は、活動弱まる。

戦車中隊からも、現地独立運動に参加するもの有り。
内地帰還直前に部隊を訪問してきて、戦車の引渡を要請されるが、引渡拒絶。がんばれと声かけて別れる。
その後、内ゲバで殺害されたらしい。

追記
近衛歩兵第3連隊の部隊史によると、同連隊にも、ブレンガン・キャリアー装備の特設軽装甲車小隊あり。但し、終戦時の編成表には見られない。(私見:不興買うことおそれ隠蔽か?)
連隊本部自動車班(乗用車2両、自動貨車14両)の人員を中心に、隷下各大隊自動車班差出の人員を合わせ、16名で編成。小隊長は、自動車班教官の榎本中尉。
装備車両は、ブレンガン・キャリアー12両(8両との記述も)を数えたが、稼働率が低く、平均して半数程度が使用可能。各車に『機関砲』2門を装備。
なお、連隊全体では、乗用車11両、自動貨車61両、単車3台、側車1台の車両装備(終戦時)。
スポンサーサイト

戦艦を盗んだイタリア人

「奴はとんでもないものを盗んでいきました。貴国の戦艦です。」
 イタリアは泥棒で有名なそうですが、その中でもすごいのが軍艦を盗んだという話です。ネット上でも、一部で有名なエピソードです。
 若干バリエーションがあります。例えば塩野七生「イタリアからの手紙」にては、以下の通り。第二次世界大戦直後のナポリで、一人の男が、停泊中のアメリカ戦艦の留守番乗員を艦長が許したと騙って外出させる。乗員が帰ってきたときには、戦艦が消えてしまっていたと。
 話によっては、逆にイタリア軍艦が盗まれたことになっています。美女に騙されて、気がついたら船が無いと。(追記参照)
 さて、これ本当なのでしょうか。手元の資料を見返してみたところ、潜水艦を盗んだイタリア人士官の話が出てきました。

 時に第一次世界大戦が始まって間もない1914年秋のこと、まだイタリアは中立であった頃。アドリア海をオーストリア・ドイツ同盟が押さえたのに、断固たる主張をしないイタリア政府に対し、イタリア王国海軍予備士官アンゼロ・ベロニ(アンジェロ・ベローニAngelo Belloni?)は慷慨していた。
 ベロニは、政府が動かないならと独力で戦うことを決意した。目を付けたのは、フィアット社のサン・ジョルジオ工廠で引渡前の試験中の新鋭潜水艦。10月 4日、制服を着込んだ彼は、予備士官の身分を使って艦に潜り込むと、「無線試験の指揮を執る」と称して工員15名を操り、まんまと出港させてしまったのである。
 早速戦うつもりのベロニだが、実は弾薬も燃料もほとんど積まれていなかったのである。試験航海だから当たり前だ。
 それでもくじけないのがベロニ。フランス軍の援助を得ようと、コルシカを目指した。疑いだした工員たちは、「封緘命令書」をおもむろに開いて見せることで、極秘任務だと鮮やかに丸め込んでしまう。もちろん真っ赤な偽物。そして、イタリア海軍水雷艇の追跡の目を逃れ、見事コルシカ島アジャチオへたどり着いたのである。
 すわUボートかと驚いたのは守備隊のフランス軍。イタリア国旗のおかげで撃沈は免れたものの、ベロニの熱弁は無視されて抑留を言い渡されるはめに。はじめて事態を飲み込んだ工員たちが、ベロニに食って掛かったのは言うまでもない。
 その後、駆けつけたイタリア駆逐艦に引き渡され、潜水艦はラ・スペツィア軍港へ曳航。ベロニはあえなく逮捕され、軍法会議へ送られてしまうのであった。

 とまあ、このような事件が実際にあったそうです。艦名は調査中。
 盗んだほうも盗まれたほうもイタリア人ですが、確かに軍艦盗難事件。この事件が戦艦泥棒エピソードの起源なのかは、ちょっと定かではないですが、信じられないが本当なのです。
 ちなみに軍法会議にかけられたベロニですが、実刑は免れたそうです。むしろ、こっちのほうが信じられない。イタリア参戦後は、さぞかし張り切って活躍したことでしょうね。

参考文献
小谷到『“海の狼”をめぐる喜劇と悲劇』
 (「丸」エキストラ版・第41集「陸海空兵隊戦記」(潮書房,1975年)より)
塩野七生「イタリアからの手紙」(新装版,新潮文庫,1996年)

追記
 美女に騙されてイタリア軍艦が盗まれた話の起源は、仮想戦記と、戦車を盗まれたイギリス兵のエピソードが混じったものではないかと思います。
 たしか、荒巻義雄「紺碧の艦隊」シリーズの欧州戦線外伝に、日本の特殊部隊が、イタリア巡洋艦を盗んでしまうという話が存在したと思います。
 また、イギリス兵が戦車を盗まれたのは、第一次中東戦争の時で、ユダヤ人美女に酔いつぶされて、M-4「シャーマン」戦車を何台か盗られたといいます。
 これらが、イタリア軍のヘタリアなイメージと結びついて、事実とされてしまったのではないでしょうか。

フカヒレ食べるとホタテが減る?

『サメ乱獲でホタテ危機 カナダの大学など研究』(産経新聞2007年4月14日)
『シュモクザメやメジロザメといった大型のサメの数が、フカヒレ目当ての乱獲などで減少した結果、これらのサメが餌にしていた魚が増え、米国の東海岸でホタテガイなどが減る傾向にあることがカナダ・ダルハウジー大学などの研究で分かった。』(以下略)

(1)フカヒレの持ち主の大型サメが減っている。
(2)大型サメの餌であるエイなどは増えている。
(3)エイの餌はホタテなどの貝類である。
(4)エイが増えた海域でホタテは減った。

 だから、ホタテの減少は、サメ漁のせい。大型のサメを捕獲するのをやめましょうという話だそうです。
 どのくらい確かな話なのでしょうか。サメの増減一つ取っても、なかなか推定するのが難しいと思うのです。例えば手がかりとなる漁業水揚げ量にしても、フカヒレだけの状態で水揚げされたり、副業的に混獲される分が多かったり。
 ましてや、その先の因果関係となると、さらに証明は厳しい気がします。

『南方のエイで二枚貝被害 温暖化も一因、対策なく』(西日本新聞2007年4月7日)
『熱帯や亜熱帯の広い海に生息する「ナルトビエイ」によって、豊前海のバカガイや有明海のタイラギなど二枚貝が食べられる被害が、九州を中心に広がっている。温暖化による海水温上昇などが原因』(以下略)

 日本のほうでも似たような騒ぎが起きて、こちらは海水温上昇が原因との見方をしています。表象が似ているだけで、原因は別問題かもしれませんが。
 まあ、漁獲制限という方向の対策のようですから、推論に誤りがあっても、それほどひどい結果にはならないかもしれません。これが、増えたエイを害獣駆除しろという方向だったら、もう少し落ち着けと言いたくなります。

 記事では、『国際的な漁獲規制などはまったく存在しない。』と研究者の一人が言っていますが、実際には、ある程度の規制は進んでいるようです。
 米国では1997年以降、ホオジロザメなどの陸揚げが禁止されています。規制対象は「陸揚げ」ということで、スポーツフィッシングでキャッチ&リリースならば、直接には関係ないということでしょうか。スポーツフィッシングには、別の規制があるようですが。
 2004年には、日・米・欧州連合が、大西洋水域でのフカヒレ専門漁の中止を合意しています。

参考サイト
サメの海」:特に「サメの保護」の章。

追記
 ところで、『「軟骨ががんに効く」などと宣伝されたこともあって個体数が減少しているアブラツノザメなど2種類を、条約の規制対象種にしようと提案する』というのですが、こういう商品の話でしょうか。そうか、ガンにも効くのか……いや、サメ乱獲原因説よりももっと怪しいような気が。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。