山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

アブデルクリム回顧録?

 こんなブログでも読んでくださる方がいるのは、ありがたいものです。
 検索の途中で間違ってアクセスしてしまったという方もいるかもしれませんが。その場合、申し訳ないのです。

 先日、「リーフ共和国興亡」の記事を読んだ方が、自分の大学の図書館に関連資料がありますよと、写真を送ってくださいました。
 著作権等は消滅しているでしょうし、撮影者の方の許可も頂いたので、掲載いたします。
krim.jpg

図書館の蔵書データによると、
・表題:「Memoiren :mein Krieg gegen Spanien und Frankreich」
・著者: Abd el-Krim(1883?-)
・出版: Dresden,1927

 なんと、アブデルクリム(アブド・アル・クリム)本人が、1927年に出版した回想録のようです。うっすらとサインらしきものが見えます。こんなものが、しかも日本にあるとは驚きました。
 1927年ということは、レ・ユニオン島に島流しになっているときに執筆したのでしょうか。
 ドイツ語で書かれているので、残念ながら私には読めそうにもありません。教えてくれた方も、第二外国語選択は中国語なので内容はわかりませんとのこと。そう仰られると、第二外国語でドイツ語を選択したはずの私の立つ瀬が無いのですが。

 試しに副題だけ訳してみると、「スペイン及びフランスに対する我が戦い」でしょうか。あまり冴えた訳ではないですねえ。
 訳を考えるうち、ヒトラーの「我が闘争Mein Kampf」との関係があるのかな、と一瞬思いましたが、無いでしょうね。「我が闘争」の第一巻が1925年出版ですから、時系列的には問題ないですが。
 アブド・アル・クリムはドイツびいきだったようなので、影響を受けたかはともかく、読んだことが無いとも言い切れないか。獄中出版の「我が闘争」を読んで、自分も島流し先で執筆していたのなら、ちょっと愉快です。我が妄想。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。