山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

ウナギのふしぎ―驚き!世界の鰻食文化

 しばらく前から、ウナギが食べられなくなる、というニュースが続いています。欧州産のシラスウナギ(稚魚)が輸入制限されたり、台湾産ウナギが輸出制限されたりする可能性があるようです。


リチャード・シュヴァイド「ウナギのふしぎ―驚き!世界の鰻食文化」
   訳:梶山あゆみ 原題“Consider the Eel” (日本経済新聞社,2005年)

ウナギのふしぎ―驚き!世界の鰻食文化総合評価:★★★★★
 うなぎを食べるのは、日本人だけではない。イギリス人だって、古代ギリシャ人だって大好きなのだ。
 ヨーロッパや北米での長い鰻食文化のほか、アリストテレスに始まりフロイト先生まで出てくるヨーロッパウナギ・アメリカウナギの研究史、欧米ウナギ漁業の危ない現状などなど。
 浮世絵をあしらった表紙とは違って、日本の話はあまり出てきません。なお、原書の表紙はウナギの細密画です。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。