山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

南極の自然史―ノトセニア魚類の世界から

 牛肉と称して、牛肉じゃないものを売っていたのはよくありません。許せません。
 生物学的に近い仲間じゃないのに、「タイ」とか「イワシ」と名乗らせるのは、気持ちはわかります。


川口弘一「南極の自然史―ノトセニア魚類の世界から」
                       (東海大学出版会,2005年)
南極の自然史―ノトセニア魚類の世界から
総合評価:★★★★☆
 一見不毛な氷点下の南極にも、独自のそれなりに豊かな生態系が広がっている。その海の主役である魚類グループ「ノトセニア」類に注目して、その釣り方から進化の歴史、多様な適応放散形態までを紹介する科学教養書。
 どうして彼らは氷点下の海でも凍りついてしまわないのか、ちょっと知ってみたくはありませんか? 血も凍らないぞっとする話の始まり始まり。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。