山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

アイスランド捕鯨停止と鯨肉汚染の実態

『アイスランド、不採算で捕鯨を中断 対日輸出できず』(産経2007年8月27日)
『幹部は「日本政府と食品安全基準や輸出許可について交渉中だが、まだ結論には達していない」と話している。』(一部引用)

 アイスランドは、ノルウェーと並ぶ近時の主要な商業捕鯨国でした。
 といっても、今年度の計画ではミンククジラ30頭にナガスクジラ9頭といった商業枠設定(他に調査捕獲のミンククジラ30頭)。日本の調査捕鯨(ミンククジラ1000頭強など)よりも、だいぶ小さい規模です。

 興味深いのは、日本への輸出が実現できなかった理由が、食品安全基準、ようは有害物質の蓄積という点です。
 日本の調査捕鯨が行われている北西太平洋や南極のミンククジラ類では、一応、安全という扱いになっています。(例外的に北西太平洋産のうち、皮脂に関してはPCB濃度が暫定基準超えてますが。)
 これに対し、アイスランドからの輸入だけが問題になっているというのは、それだけ大西洋海域の汚染が高度ということなのでしょうか。それとも、実質的には国内捕鯨保護のための障壁が設定されているのでしょうか。
 そういえば、ノルウェー産の鯨肉輸入の話も、現在どうなっているのか聞きませんが、同じ事情で止まっているのでしょう。

 ちなみに、かなり高度のPCB・水銀汚染が確認されている国内産ハクジラ類については、食事指導の対象とはされつつも流通制限はされていないようです。
 後掲参考資料の厚生労働省と鯨類研究所の共同研究を見ると、中国産ウナギ(詳細不明も1.5ppmという例がある)も真っ青の水銀(紀州産ハンドウイルカ筋肉のメチル水銀平均値で6.6ppm)が検出されているようです。国内の暫定基準値(メチル水銀で0.3ppm)をはるかに超える汚染度です。
 こうしたハクジラ類の基準を単純に当てはめる限り、大西洋の汚染が高度だというだけでは説明できなさそうな気がします。データを見ない限り結論は出せませんが、やはり、何かもう少し大人の事情がありそう。

 ところで気になったのですが、基準が「暫定」規制値というのはどういうことなんでしょうか。
 1972・1973年に、PCB・水銀について、厚生省(当時)がそれぞれ設定したもののようですが、その後、30年以上経っても正式規制値の設定は行われていないのはどうなんでしょう。

参考
鯨由来食品のPCB・水銀の汚染実態調査結果について」(厚生労働省)
妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて」(厚生労働省)
中国産のウナギから水銀」(朝鮮日報2002年8月9日)
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。