山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

回転翼の海鳥たち(第3回)

3.海との出会いとすれちがい
(承前)オートジャイロという冒険的な機体は、アメリカ人の好みにあったようです。前述の通り、ケレットとピトケアンの二社が動き出しました。当初は独自開発を目指したようですが、すぐにシエルバからの技術ライセンスに切り替えられました。
 ケレットK-3は7機(6機?)が生産され、4機が民間の広告や新聞航空に用いられました。1機は、リチャード・バードRichard Evelyn Byrd南極探検隊に装備され、「ペップ・ボーイズ・スノーマンPep Boys Snowman号」として1933年に南極で使用されました。残り2機は、なんと日本陸軍が献納機として調達し、「愛国81号」「82号」となっています。
 もう一方のピトケアン社も、PCA-2シリーズを20機以上生産します。
 このPCA-2に、アメリカ海軍が目を付けました。3機をXOP-1試作観測機として購入したのです。このXOP-1が、1931年に史上初の艦載回転翼機の栄誉に輝くことになります。
 
 これ以前、急速に発展した飛行機械は、空を制したばかりか、すでに海の上にも進出していました。早くもアメリカ南北戦争で係留気球を積んだ船が登場していますし、1903年のライト兄弟初飛行から7年後、飛行機も米軽巡「バーミンガムBirmingham」からの発進を成功させています。1912年には、世界初の水上機母艦「フードルFoudre」を、フランス海軍が完成させていました。
 この「航空母艦」というアイディアは、飛行機械の完成よりも前から、存在したと言われます。人によっては、ライト兄弟の成功直前に、水上家屋からの飛行実験を行って失敗したラングレーSamuel Langley教授の例を「世界初の空母」とも呼ぶとか。

autogyro_cv1_langlay 1931年9月23日、米海軍最初の空母「ラングレー」で、オートジャイロの実用試験が行われました。(余談ですが、この「ラングレー」は、上述のラングレー教授の名をもらった艦です。さらに言えばライト兄弟のほうも、米海軍最初の水上機母艦に名を残しています)
 陸上の飛行場を飛び立ったXOP-1初号機は、あやうく転落しそうになりながらも、洋上で待つ「ラングレー」への着艦に成功しました(写真)。着艦に続き、発艦にも成功。数度の発着を繰り返しました。滑走距離は、60mほどで済んだといいます。

 ところが、海軍が下した判断は、不採用というものでした。
 このとき対照実験として飛んだ、複葉観測機ヴォートO2U-1「コルセア」に完敗したのです。「コルセア」は、同じ60mの滑走距離で、4倍の物資を搭載して飛行することができました。
 考えてみれば当然の結果です。正規の航空母艦で使用するならば、基本性能で優る普通の飛行機が使えます。無理にオートジャイロを使う意味は乏しいのです。
 また、写真を見てわかるとおり、XOP-1は、オートジャイロとしても初期のレベルで、普通の飛行機に近い固定翼がありました。まだ60mも滑走する必要があっては、空母以外での運用もできません。
 空中静止(ホバリングhovering)能力もありませんでした。
 残り2機のXOP-1のうち、2号機は水上機に改装されましたが、こちらも不採用となります。

 興味を失った海軍本店に代わって、オートジャイロに取り組んだのは、支店の海兵隊でした。XOP-1の3号機を受領すると、1932年6月、ニカラグア内戦への介入で実地試験を試みます。現地では、「七面鳥」と呼ばれて面白がられたようです。
 観測任務のほか、短距離発着STOL性能を生かした負傷者救出に用いることが検討され、一定の評価は得ましたが、結局は採用見送りでした。
 ただその後も、海軍と異なり、海兵隊及び陸軍は一定の興味を持ち続け、試作研究を続けたようです。新型のケレットKD-1Aは、海兵隊により5機がメキシコ国境の監視任務に実戦投入されたと言います。陸軍もYG-1の名で試験採用し、さらに数種の改良型を試作させています。(KD-1Aは日本にも1機輸出され、萱場製作所によりコピー機「カ号観測機」が生産されています)
 しかし、最終的には、シコルスキー・ヘリコプターの成功を受けて、アメリカでの軍用研究は中止となりました。ケレット社とピトケアン社も、ヘリコプター事業に移っていったのでした。(第4回へつづく
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。