山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

ムッソリーニの毒ガス―植民地戦争におけるイタリアの化学戦

 軍事史関連では、自虐主義だ、はたまた歴史修正主義だと際どい分野があります。日本では主に日本軍の戦争犯罪関連で、後はドイツの強制収容所関連が話題になるくらいだと思いますが、今回はイタリアのケースについて。


アンジェロ・デル・ボカ(編)「ムッソリーニの毒ガス
     ―植民地戦争におけるイタリアの化学戦 」
(大月書店、2000年)

ムッソリーニの毒ガス―植民地戦争におけるイタリアの化学戦総合評価:★★★★☆
 第二次世界大戦前、エチオピアに侵攻したイタリアは、国際法で使用が禁じられていた毒ガスの大量使用により勝利を得たと言われる。
 しかし、一方で、その使用の事実について疑問を呈する見解や、独裁者ムッソリーニの関与は無かったとする見解も示されてきた。
 はたして、真実はいずれにあるのか。
 4人のイタリア人研究者が、多数の一次資料を駆使して、イタリア軍によるエチオピア戦争での化学兵器使用の詳細を立証しようとする論文集。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。