FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

定本・菊兵団 軍医のビルマ日記

 軍隊では、正体を隠すためにコードネームを使うことがありますが、日本陸軍でも太平洋戦争中には「通称号」という部隊コードネームを使っていました。各師団などに一文字ないし二文字の文字符を割り当てて、その隷下部隊には数字を追加して表現する仕組みです。例えば戦車第2師団「撃」兵団の工兵隊は「撃 12105」部隊となります。
 末期にはこちらで紹介されているように、「震天」「不滅」などのむやみに勇ましい名前を割り当てられた例も出てきます。


塩川優一「定本・菊兵団 軍医のビルマ日記」
                 (日本評論社、2002)
定本・菊兵団 軍医のビルマ日記総合評価:★★★★☆
 ビルマ方面で活躍した菊兵団こと第18師団所属の軍医が、当時の日記を元にまとめた回想録。1994年刊行の「軍医のビルマ日記」に、他の資料や読者の体験談から記述を追加した改訂版。
 入隊から敗戦後の捕虜生活まで、自己の体験談に加えて、多くの資料を参考に菊兵団衛生部隊の活動を記述する。所属は第18師団のうち歩兵第114連隊で、階級は戦地で軍医大尉に昇進する。

 フーコン作戦などに参加した第18師団は、米式装備の中国軍を相手に頑強な抵抗を見せたことで知られるが、その戦闘を影で支えたのは軍医や衛生兵であった。最前線では衛生要員といえど安全ではない中、薬品を詰めた鞄を抱えて山野を駆け巡ったのである。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: