FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

戦車戦入門―日本篇

 第二次世界大戦時の日本軍従軍経験者の方の体験談などを読んでいると、敵側には戦車がたくさん居るのに、日本軍は小火器だけという状況が多いです。
 しかし、興味を持って少し調べてみると、配備密度や性能はともかく、日本軍の戦車も意外に多くの部隊に配備されて、各地に投入されていたということを知りました。戦闘となると、悲惨な結果になるのがたいていでありますが。


木俣滋郎「戦車戦入門<日本篇>」
              (光人社NF文庫、1999年)
戦車戦入門―日本篇 (光人社NF文庫)総合評価:★★★☆☆
 日本軍の機甲部隊について、主に戦史面から紹介する入門書。1981年初版の「世界戦車戦史」から、日本軍関連の記事を抽出した内容。2006年発行の文庫新装版も特に内容面の変更はないと思われる。画像は新装版。

 日本の機甲部隊であれば陸軍戦車部隊に限らず、騎兵系列の捜索連隊や海軍陸戦隊の装甲車両についても取り上げる。満州事変・上海事変から始まりノモンハン事件、太平洋戦争ではマレー作戦、タラワ戦、大陸打通作戦、ルソン島防衛戦など合計20の戦場を紹介。
 速射砲や破甲爆雷で連合軍戦車と対決した日本軍歩兵の苦闘にも触れる。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: