FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

戦争特派員―ゲルニカ爆撃を伝えた男

 湾岸戦争の際に、新聞各社の紙面を飾った「重油まみれの海鳥」の写真があります。イラク軍が石油施設を破壊して海洋汚染を引き起こしている証拠として説明されたわけですが、後に無関係のタンカー事故の映像だと明らかになっています。


ニコラス・ランキン「戦争特派員―ゲルニカ爆撃を伝えた男」
塩原通緒(訳) 原題:“TELEGRAM FROM GUERNICA”(中央公論新社、2008年)

戦争特派員―ゲルニカ爆撃を伝えた男 (INSIDE HISTORIES)総合評価:★★★★★
 ドイツ軍が古都ゲルニカを爆撃してバスクの民間人を殺戮した、とのニュースはヨーロッパの多くの人々に衝撃を与えた。ドイツに対する非難が高まり、ピカソは大作ゲルニカを発表する。このゲルニカ空襲の記事をタイムズ紙に送ったのは、ジョージ・スティアという若き英国人フリージャーナリストであった。
 エチオピア、スペイン、フィンランドと戦地を回るスティアの記事は、たびたび一面を飾り、世論を議会を動かしていく。そして、第二次世界大戦が激化すると、その能力と知識に目を付けた英国軍により、スティアは情報将校に取り立てられ、謀略宣伝の戦場に身を投じることになる。
 残された6冊の著作と日記などから、ジョージ・スティアの短くも劇的な半生を描き出す伝記。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: