FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

戦場の一年

 第一次世界大戦というと、日本ではあまり大きく取り上げられません。
 その中でも特に、イタリア戦線での戦いとなると、ほとんど資料が無いような気がします。オーストリア=ハンガリー二重帝国とイタリアの間で、イソンゾ河やアドリア海などでしつこく戦闘が行われて、多くの犠牲が生じているのですが。


エミリオ・ルッス「戦場の一年」
 柴野均(訳) (原題“Un anno sull'altipiano”)(白水社、2004年)

戦場の一年 (白水uブックス―海外小説の誘惑)総合評価:★★★★☆
 第一次世界大戦中の北部イタリア戦線でのイタリア軍の戦いを描いた自伝的小説。映画「Uomini Contro(敵対し合う人々)」(1970年)の原作。
 「サヴォイア」の掛け声とともに勇敢な突撃をしていた兵士たちは、一年も膠着する戦況、不十分な兵器、狂気に満ちた師団長の命令に次第に疲れ、酒浸りになっていく。そしてついにはサボタージュが広がってしまう。
 心に強く残った出来事だけを拾い集めて、日本人の知らない不毛な戦場の光景を描き出す。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: