山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

ノモンハン捕虜の運命(序)

 第二次世界大戦直前に起きたノモンハン事件において、日本軍は大きな損害を受けました。多数の死傷者があったのに加えて、日本軍としては相当に多数の捕虜が発生したと言われています。
 いまだ謎の多いノモンハン事件であるところ、これら捕虜たちについても多くの謎が存在しています。いったい何人の日本兵が、どのようにして捕虜となり、その後はどのような運命をたどったのか、必ずしも明らかではありません。定説的には数百から数千人が捕虜となって多くはソ連に残り、帰国しても自決させられた者もいると言われますが、これはどの程度確かな話なのでしょうか。
 そこで、これらの謎について、私なりに資料を集めて答えを探した結果が本稿です。定説とは少々異なった結論に達した部分もありますが、はたしていずれが真実に近いのか、読んで考えていただけると幸いです。

目次
1.日本側捕虜の総数について
 (1)従来の状況、(2)新史料の評価、(3)満州国軍の捕虜
 (4)停戦後抑留者を含むか、(5)小括
2.ソ連側の捕虜について
3.捕虜交換について
 (1)第1回捕虜交換、(2)交換交渉、(3)第2回捕虜交換、(4)小括
4.帰還捕虜の処遇について
 (1)処遇の原則、(2)取り調べと軍法会議、(3)将校への自決強要
 (4)下士官兵のその後、(5)小括
5.未帰還捕虜について
 (1)NHK資料に拠る未帰還者数推定、(2)シベリア抑留者等の証言との整合性
 (3)未帰還者の生活、(4)日本への帰国
6.おわりに
補遺1.「今次事変に於ける捕虜帰還者の取扱方に関する件」(資料15及び30の抄録)

参考資料一覧
本文中では資料番号と、必要に応じて頁数を付して参照します。
1.鎌倉英也「ノモンハン隠された戦争」(NHK出版、2001年)
2.五味川純平「ノモンハン」(上下巻、文春文庫、1978年)
3.「捕虜交換に関する件」(アジア歴史資料センター(JACAR):Ref.C01003523000)
4.「蘇と会見交渉に関する件」(JACAR:C01003515200)
5.「日満ソ間抑留者交換に関する件」(JACAR:C01003574600)
6.「『ノモンハン』現地停戦委員に於て交渉中の抑留者返還の件」(JACAR:C01003511400)
7.外務省欧亜局第一課編「日『ソ』交渉史」(復刻版、厳南堂、1969年)
8.ノモンハン・ハルハ河戦争国際シンポジウム実行委員会
  「ノモンハン・ハルハ河戦争」(原書房、1992年)
9.「訂正の件」(JACAR:C01003523300)
10.シーシキン他「ノモンハンの戦い」(岩波現代文庫、2006年)
11.防衛庁防衛研修所戦史室「戦史叢書 関東軍<1>」(朝雲新聞、1969年)
12.同上「戦史叢書 満州方面陸軍航空作戦」(1972年)
13.全国憲友会連合会編纂委員会編「日本憲兵正史」(全国憲友会連合会本部、1976年)
14.アルヴィン・クックス「ノモンハン 草原の日ソ戦1939」(上下巻、朝日新聞、1989年)
15.「今次事変に於ける捕虜帰還者の取扱方に関する件」(JACAR:C01003544100)
16.「関東軍命令送付の件」(JACAR:C01003517200)
17.「俘虜と為り帰還する将兵の公判実施に関する件」(JACAR:C01007460900)
18.「戦死誤認者処理の件」(JACAR:C01003589000)
19.『無形戦力思想関係資料第五号』
  (松野誠也「日本軍思想・検閲関係資料」(現代史料出版、2003年))
20.「戦時死亡者生死不明者報告方に関する件」(JACAR:C04122413700)
21.森松俊夫編「参謀次長 沢田茂回想録」(芙蓉書房、1982年)
22.秦郁彦「日本人捕虜―白村江からシベリア抑留まで」(上下巻、原書房、1998年)
23.外務省欧亜局「昭和十四年度外務省執務報告 欧亜局」
24.同上「昭和十五年度外務省執務報告 欧亜局」
25.山中恒編「在満軍法会議処刑特殊犯罪集」
   (十五年戦争極秘資料集17、不二出版、1989年)
26.「特殊還送患者より得たる『ソ』蒙軍その他に関する情報」
  (「陸満密大日記(第10冊) 昭和15年 第10冊」JACAR:A03032001300・98画像目から)
27.保阪正康「昭和陸軍の研究」(上下巻、朝日新聞社、1999年)
28.「한반도는 이산의 오작교가 아니다」(주간한국(週刊韓国)2002年12月6日)
29.「5.ウクライナに於てドイツ軍捕虜になった日本人関係」(JACAR:B02032392900)
30.「大東亜戦争に於ける捕虜帰還者の取扱方に関する件」(JACAR:C01000542000)
31.「大東亜戦争に於ける捕虜帰還者の取扱方に関する件達」(JACAR:A03032058800)

上記のほか、以下の文献を参考としました。
吹浦忠正「捕虜の文明史」(新潮選書、1990年)
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。