山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

明日にとどく

アーサー・C・クラーク「明日にとどく」
 山高昭ほか(訳) “Reach For Tomorrow” (ハヤカワ文庫、1986年)

Reach for Tomorrow (Gollancz S.F.)総合評価:★★★★☆
 昨年3月死去したアーサー・クラークの初期SF短編集。1946年から1953年までに発表された12作品のほか、1956年出版時の序文を収録。

「太陽系最後の日」
 遠い未来、膨張する太陽は最後の時を迎え、地球は焼きつくされようとしていた。銀河をパトロールする異星人たちは、地球からの電波発信に気付いて、地球人を救出しようと試みる。ところが、異星人たちが地球に降り立ったときには、地表には知的生命の姿は見当たらなかった。もはや、手遅れだったのか?
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。