山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

人形つかい

ロバート・A・ハインライン「人形つかい」
 福島正実(訳) 原題:“The Puppet Masters” (ハヤカワ文庫、1976年)

人形つかい (ハヤカワ文庫SF)総合評価:★★★★☆
アメリカ大統領直属の秘密調査機関の捜査官サムは、「おやじ」こと局長と、赤毛の美人捜査官メアリとともにアイオワ州へ調査に向かう。異星人の円盤が墜落したらしいのだが、すでに多数の捜査員が消息不明になっているというのだ。
 現地に到着した一行が発見したのは、人間に寄生して操縦するナメクジのような生物だった。しかも、墜落地点周辺の役場や放送局は、すでに寄生生物の支配下にあったのである。
 からくも帰還に成功した「おやじ」たちは、緊急対策を採るよう大統領に迫るのだが……。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。