山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

鋼棺戦史(第2部 栄光と転落・第3章・後編)

3.武器無き戦車隊(承前)

USMC-M-Saipan-p89.jpg 独立戦車第3中隊と第4中隊が着の身着のままサイパン島に上陸した、わずか8日後の6月15日、アメリカ軍のサイパン上陸作戦が開始されました。猛烈な艦砲射撃と空襲の後、3個海兵師団を主力とする地上部隊が押し寄せます。
 日本側も激しい水際戦闘で抵抗しました。7月16日には薄暮総攻撃が計画され、戦車第9連隊は主力(本部と2個中隊の約30両)を待機させます。しかし、協同する歩兵部隊の集結が遅れて17日未明の出撃となり、その間に揚陸された多数のバズーカや対戦車砲、M4中戦車などの餌食となってしまいました。対戦車火器を制圧するための跨乗歩兵(タンクデサント)もいましたが、機銃の弾幕を突破できませんでした。戦車第9連隊の出撃戦車は1両を残し全滅しています。(画像は撃破された戦車第9連隊の97式中戦車)

 主力部隊が華々しく応戦する一方、海没部隊は後方警備にまわされていました。2個の独立戦車中隊は戦車大隊の名の下に集成され、歩兵第18連隊衛生隊(長:大場栄大尉)や独立臼砲第14大隊(本来は98式臼砲装備)といった他の海没部隊や医療部隊ともに北地区警備隊(長:花井少佐(注1))を構成しています。独戦3中隊は元の第1小隊長が中隊長代理を務めていたようです。戦車「大隊」と称しても、実兵力100人内外と思われます。
 北地区警備隊の戦力は乏しく、歩兵系の歩18衛生隊は小銃程度を持っていたものの、他の部隊は対戦車肉薄用の火炎瓶だけが武器でした。他島へ移動途中の部隊ばかりであったため、食糧補給系統も確立されておらず、他部隊の好意に甘えたり、最悪の場合は盗んだりしなければなりませんでした。
 歩兵第15連隊戦車中隊の行動については調査中ですが、おそらく他の第14師団系統の部隊と行動を共にしていたものと思われます。独立戦車中隊よりは来島時期が早かったため、幾分ましな状況だったかもしれません。

 せっかく訓練を受けたのに、素手で敵に向かわなければならなかった戦車兵たちは、さぞかし無念だったことかと思います。彼らの特殊技能を生かすことはできなかったのでしょうか。
 こうした事態に陥るのが分かっていれば、戦車第9連隊の補充要員に流用するといったことも出来たかもしれません。しかし、通過部隊という事情から現実には難しかったでしょう。
 ただ、中継拠点だったサイパン島には輸送途中の兵器など物資が溜まっており、その戦車を支給できていればとは思います。6月上旬のサイパンには、トラック島駐留の第52師団戦車隊に支給予定の95式軽戦車約15両が滞留しており、ガラパン港湾地区に集積されていました(注2)。5両は事前空襲で破壊されてしまったのですが、10両は稼働状態にありました。これらの戦車は、実際には、第52師団戦車隊へ赴任予定でサイパンに滞在中の佐藤恒哉大尉や市川正国中尉(注3)の機転で、6月19日ころに戦車第9連隊第3中隊の生存者に引き渡されて活用されています。予備車両として戦車第9連隊の経戦期間を延ばすのに役立ったとは言えますが、海没部隊の丸裸の戦車兵の無念を思うと、違う使い方はなかったものかと悩ましいところです。

Battle_of_Saipan_map.jpg 6月26日、北地区警備隊にも前線への移動が命じられます。日本軍主力が消耗し、サイパン島中央のタッポーチョ山防衛線が突破されかかったためです。北地区警備隊は南進を始めますが、その際に足手まといとなる重傷患者を自決させたり、安楽死処置したりしています。
 北地区警備隊は、6月27日未明にタッポーチョ山麓の前線に到着しますが、指揮官の花井中佐は軍司令部に連絡に向かう途中で早くも戦死してしまいました。まもなく部隊は迫撃砲の砲火にとらえられ、壊滅状態に陥ります。
 その後、日本軍はタッポーチョ防衛線を放棄し、北部の地獄谷に司令部を置いて防戦を続けました。6月28日、日本戦車隊の活躍がアメリカ軍に記録されています。この日、日本戦車2両が、タッポーチョ山南東の第106歩兵連隊第3大隊を襲撃、大隊長以下83人を殺傷し去ったのでした。この戦闘で、米軍は2個大隊が半日足止めされています。戦車の所属は戦車第9連隊か海軍陸戦隊か不明です。
 7月7日、サイパン島の日本軍は最後の総攻撃を敢行、玉砕を迎えます。突撃の先頭には、海軍陸戦隊の残存戦車5両が立っていました(注4)。生き残った将兵は、民間人とともにジャングルへと逃れ、大場栄大尉など一部は終戦までゲリラ戦を継続することになります。
 サイパン戦での日本軍死者は4万人、民間人死者8千~1万人、アメリカ軍死傷1万5千人。独立戦車第3中隊94人中で復員1人、独立戦車第4中隊80人中で復員3人、歩兵第15連隊戦車中隊を含む第14師団系610人中で復員したのは13人だけでした。(この章おわり

注記
1 大場大尉の回想では花井中佐となっています。戦死後に昇進でしょうか。

2 第52師団は海洋師団の一つで、師団戦車隊(柏第4672部隊)と歩兵第107連隊戦車中隊を有していました。このうち師団戦車隊は、乗っていた輸送船「辰羽丸」が、トラック大空襲に巻き込まれて沈没し、16両の95式軽戦車全部と隊長の上野俊男大尉以下13人を失いました。人員のみが2月19日にトラック環礁夏島へ到着。新たな師団戦車隊長としては、グアムにいた戦車第9連隊第1中隊長の佐藤恒哉大尉が赴任することになり、中継地のサイパンまで移動してきたところで地上戦に巻き込まれたようです。
 補充の戦車もサイパンで失われたため、第52師団戦車隊は実質的には対戦車砲部隊として終戦を迎えています。3個小隊編制で、第1小隊と第2小隊は47mm速射砲2門と重機関銃8丁、第3小隊は37mm速射砲2門と重機関銃4丁を装備していました。

3 市川正国中尉は、海上機動第1旅団の旅団戦車隊長に予定されていましたが、赴任前に部隊がマーシャル諸島で玉砕したため、第52師団付きに任務が変わったようです。サイパン戦では、本文のとおり戦車第9連隊の残兵を率いて出撃し、戦死しています。下田四郎氏の回想では6月20日の夜に出撃したとありますが、アメリカ軍側の記録では6月19日に3両の日本戦車の襲来があったほか、23日から24日にかけて日本軍戦車隊の有力な反撃があったとなっています。

4 日本側文献では陸戦隊の軽戦車5両となっていますが、アメリカ海兵隊の公刊戦史によると中戦車も混じっていたといいます。ある地点に、中戦車・軽戦車・水陸両用戦車1両ずつが、歩兵400~500人とともに襲来したとします。
スポンサーサイト

鋼棺戦史(第2部 栄光と転落・第1章・前編)

3.武器無き戦車隊

 北地区警備隊と呼ばれていた部隊には、大場の衛生隊のほかに
 独立臼砲第十四大隊、独立戦車第三、第四中隊がいたが、
 いずれもアメリカ軍の上陸直前、サイパンに到着する前に船を沈められて、
 臼砲や戦車をすべて失い、なんにも武器を持っていない部隊だった。
 したがって、わずかでも全員小銃を持っている大場の衛生隊は一番ましだったのである。
                         ―ドン・ジョーンズ「タッポーチョ」―

 太平洋戦争は、中盤以降は太平洋上に点在する島嶼を巡る攻防が延々と続く展開となります。こうした島嶼戦は、地形的に大規模な戦車戦には不向きと考えられたため、日本軍が大きな機甲戦力を守備隊に配置することは余りありませんでした。もっとも、戦車が反撃の要として適当とも考えていたため、中隊規模の小さな戦車部隊が配置されることは非常に多かったのですが(注1)。
Yokosuka_1st_SNLF_Type_2_Ka-Mis_on_Saipan.jpg こうした島嶼防衛戦で最初に連隊規模の本格的な日本軍戦車部隊が実戦に参加したのが、サイパン島の戦いをはじめとするマリアナ諸島の戦いでした(注2)。中戦車47両・軽戦車32両を有する戦車第9連隊を中心に、第29師団戦車隊と同師団の歩兵第18連隊戦車中隊、海軍第5根拠地隊の水陸両用戦車隊(注3)など合計約120両の戦車が参加しています。戦車師団の加わったフィリピン戦を除けば、最大の兵力です。

 太平洋戦争島嶼戦の日本軍典型として、守備隊予定として海上輸送中に潜水艦に撃沈され、上陸したときには重装備を失くして丸裸という「海没」パターンがあります。マリアナ戦に加わった戦車隊のなかでも、このパターンで武運に恵まれず戦車隊として戦うことすらできなかったものがありました。独立戦車第3中隊と同第4中隊、第14師団の歩兵第15連隊戦車中隊です。
 2つの独立中隊は、昭和14年軍令陸甲第31号に基づき、1944年4月に編成されました。太平洋戦争中に日本陸軍が14個の独立戦車中隊を編成したうちの3番目と4番目にあたります。指揮官は、独戦3中隊が宇山福一中尉、独戦4中隊が竹内來之助中尉。うち独戦3中隊は、戦車第10連隊の第1中隊を抽出したもので、3個小隊編制の人員94人、中隊本部車両と合わせると95式軽戦車を推定12両装備。他方の独戦4中隊は駐蒙軍の管理下で編成された部隊なので、おそらく戦車第3師団の血を引き、人員80人で装備不明。
 歩兵第15連隊戦車中隊は、所属する第14師団が南方転用に際して島嶼防御用の海洋師団型に改編されたため、その海上機動反撃連隊となった歩兵第15連隊に追加された部隊です。中隊長は田所清中尉で、おそらく95式軽戦車9両と水陸両用トラックのスキ車1両などを装備していました。
 これら3部隊は、本来はマリアナ諸島ではなく、もっと南のパラオ諸島に配備されるはずでした。2個の独立戦車中隊は、1944年4月26日の大陸命996号でパラオ地区集団に書類上は編入済み。歩15戦車中隊も、同じく歩兵第15連隊に追加された機関砲中隊や迫撃砲中隊3個などとともに、パラオに先行した第14師団主力を追及中でした。

 歩兵第15連隊戦車中隊は、1944年5月4日、横浜で輸送船「日和丸」に他の追及部隊(戦車中隊を含め人員610人)と一緒に乗船し、館山沖で第3503船団に加入して出航しました。第3503船団は輸送船14隻と護衛艦艇10隻から成り、わずかな損害だけで14日に中継地サイパンに到着します。当時のサイパンは、パラオなどへ向かう航路の中継地でした。
 サイパンでヤップ行きの輸送船4隻で船団が再編成され、護衛艦は駆逐艦「水無月」以下3隻。この際、「日和丸」から「復興丸」に乗り換えたとする資料もあります。5月16日に船団は出航しますが、たちまちアメリカ海軍の潜水艦「サンドランス」ほかに捕捉され、翌日までに「日和丸」「復興丸」ほか1隻が撃沈されてしまいました。
 生存者は護衛艦艇に救助されて5月19日にサイパン島へ逆戻りします。戦車などの重装備は全損です。期待の追加戦力をもらい損ねた歩兵第15連隊の陣中日誌には、「戦車、機関砲、迫撃砲各中隊の悲報の通報に接し、無念至極なり」(5月24日)と記されています。

 2個の独立戦車中隊のほうは、まずは大陸から日本本土へ渡り、5月29日に横浜で輸送船「はあぶる丸」ほか2隻に乗船しました。翌日、輸送船10隻・護衛艦艇4隻の第3530船団を組んで出航。やはり中継地のサイパンに向かったのですが、今度はサイパン到着前に「はあぶる丸」を含む5隻が潜水艦に撃沈されてしまいます。残存艦船は6月7日にサイパンへ入港しました。
 この戦闘で独立戦車中隊はいずれも海没し、装備はもちろん人員の多くも失いました。例えば第3中隊では、宇山中隊長以下58人が戦死し、兵力36人だけとなります。第4中隊長の竹内中尉も戦死したようです。
 サイパン島への米軍上陸は、約1週間後に迫っていました。(後編へ続く

注記
1 太平洋戦争中、日本陸軍が島嶼守備用として編成した以下の部隊には、おおむね中隊規模の戦車が含まれる。一部は、後に独立混成旅団などが現地編成された際、その旅団戦車隊などへ改編となっている。
 海洋師団:師団戦車隊を有するものとして第14・第29・第36・第46・第52師団。
    隷下歩兵連隊の一に戦車中隊を有するものとして近衛第2師団、第5・第14・第29・第36・第52師団。
 海上機動旅団:海上機動第1~第4旅団に各1個中隊。
 南海守備隊:南海第3守備隊に1個中隊。南海第4守備隊は、隷下3個大隊に各1個中隊。
 南洋支隊:南洋第1~第6支隊に各1個中隊。

2 戦車第9連隊のほか、島嶼守備に配置された戦車連隊としては以下がある。( )内は所在地。なお、フィリピンには3個連隊を持つ戦車第2師団が送られている。
 戦車第4連隊(チモール島)、戦車第8連隊(ラバウル)、
 戦車第11連隊(占守島)、戦車第15連隊(アンダマン諸島)、
 戦車第16連隊(ウェーク島・南鳥島。後に所在地ごとに現地編成の独立混成連隊に編合)
 戦車第26連隊(硫黄島)、戦車第27連隊(沖縄)

3 写真の特二式戦車(水上状態での呼称は特二式内火艇)を装備。この写真は「サイパンに奮戦した我が鉄獅子隊」とのキャプションのとおりサイパン守備の戦車隊として報道されたものであるが、実際にはパラオ配備の他部隊の写真のようである。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。