FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

海防艦第二〇五号海戦記―知られざる船団護衛の死闘

江口晋「海防艦第二〇五号戦記」
          (光人社NF文庫、2007年)

海防艦第二〇五号海戦記―知られざる船団護衛の死闘 (光人社NF文庫)総合評価:★★★★☆
 太平洋戦争中に海防艦へ乗艦した一水兵の回想。「回想 海防艦第二〇五号」(東京経済、1994年)の改題。
 1944年、日本海軍舞鶴海兵団に入隊した筆者が、訓練の後に配属されたのは丙型海防艦第205号であった。すでに敗色濃厚な中、海防艦は日本の生命線たるシーレーン防衛を担い、潜水艦や爆撃機に立ち向かう。機雷術練習を受けた筆者も、艦の主兵装たる爆雷員として懸命に戦った。しかし、戦局は悪化の一途で、ついには北海道の室蘭港にいてさえ、敵戦艦の艦砲射撃にさらされるのであった。
 1945年、ついに敗戦。からくも生き残った海防艦第205号は、特別輸送艦として復員輸送に従事する。12月、筆者は待ちに待った召集解除を迎え、故郷の新潟へと帰りつく。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: