FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

最悪の戦場 独立小隊奮戦す

緩詰修二「最悪の戦場 独立小隊奮戦す―沈黙五十年、平成日本への遺書」
                 (光人社NF文庫、1999年)
総合評価:★★★★☆
 第53師団(安兵団)歩兵第119連隊(浅野連隊)機動砲小隊長を務めた著者が、晩年、自身の戦場経験を率直に書き残した個人戦記。1993年初版の単行本を、1999年に文庫化。
 太平洋戦争後期のビルマ戦線では、日本軍が、インパール作戦にも敗北して、優勢な連合軍の反撃を迎えていた。
 こうした中、ビルマに増援として到着した第53師団には、対戦車戦の切り札として新型の47mm機動速射砲が配備された。馬ではなく牽引車に運ばれる機動砲は、日本軍歩兵の中で異色の存在であった。百合少尉は、連隊本部直属として特設された機動砲小隊長に任命され、イギリス軍戦車部隊に対する待ち伏せ戦闘に身を投じていく。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: