山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

機雷掃海戦

隈部五夫「機雷掃海戦―第一五四号海防艦長奮戦記」
              (光人社NF文庫、2008年)

機雷掃海戦―第一五四号海防艦長奮戦記 (光人社NF文庫)総合評価:★★★★☆
 神戸高等商船学校出身の予備士官の回想。「機雷掃海戦―海軍予備士官の挽歌」(成山堂書店、1987年)を文庫化したもの。
 対米開戦に備えて召集された著者は、第33掃海隊所属の特設掃海艇「第2号朝日丸」の艇長に任命される。太平洋戦争勃発後は、関門海峡日本海側の防備任務で平穏な日々を送った。
 1944年末、戦況悪化のためついに本土にも戦火が及ぶなか、著者は新編の第7艦隊所属「第154号海防艦」海防艦長へと転属になる。新たな任務は、同じ関門海峡防備でも、B-29による機雷封鎖「飢餓作戦」に対抗する危険な掃海であった。必死の掃海作業もむなしく、新型感応機雷により次々と艦船が撃沈されていく。
 そして、ついに敗戦。「第154号海防艦」は、海軍最後の任務として防御機雷堰の掃海作戦を果たすのであった。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。