山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

サイパン特派員の見た玉砕の島

高橋義樹「サイパン特派員の見た玉砕の島」
                 (光人社NF文庫、2008年)
サイパン特派員の見た玉砕の島―米軍上陸前のマリアナ諸島の実態 (光人社NF文庫)
総合評価:★★★☆☆
 太平洋戦争後期、絶対国防圏と称された決戦地帯マリアナ諸島。しかし、その防備の実態はお寒いものであった。
 著者は、同盟通信社の特派員である従軍記者として、決戦前夜のマリアナ諸島を訪れる。そこで目にしたのは、日露戦争時代の旧式砲や、最前線とは思えないのんびりとした警備隊の将兵であった。期待の新型爆撃機隊が到着したと聞いて撮影に行くと、すぐに別地点に移動して消耗し、ほんの十数機にやせ細ってしまう。
 大丈夫かと不安のうちに、敵機動部隊襲来、輸送船団出現と事態はたちまち緊迫。従軍記者の著者は、輸送任務の潜水艦に便乗して戦場を脱出しようと企てるのだが……。
 堀川潭名義の「あ号作戦」(図書出版社、1978年)改題。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: