山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

空母艦爆隊―艦爆搭乗員死闘の記録

山川新作「空母艦爆隊―艦爆搭乗員死闘の記録」
            (光人社NF文庫、1994年)
空母艦爆隊―艦爆搭乗員死闘の記録 (光人社NF文庫)総合評価:★★★☆☆
 太平洋戦争の主役として戦った日本海軍機動部隊。その艦爆搭乗員として、日中戦争での敵陣爆撃に初陣を飾り、真珠湾攻撃から南太平洋海戦、レイテまで数々の戦闘に参加した下士官パイロットの個人戦記。激しい消耗戦で同僚たちが倒れる中、弾幕を潜りぬけて急降下爆撃一筋、北はアリューシャンから南はガダルカナルまで戦い抜いた第48期操縦練習生の戦歴を振り返る。(画像は新装版)
スポンサーサイト

ガダルカナルを生き抜いた兵士たち

土井全二郎「ガダルカナルを生き抜いた兵士たち―日本軍が初めて知った対米戦の最前線」
                  (光人社NF文庫、2009年)
ガダルカナルを生き抜いた兵士たち―日本軍が初めて知った対米戦の最前線 (光人社NF文庫)総合評価:★★★★☆
 太平洋戦争の名高い激戦地ガダルカナル島。そこには、ソロモン海戦、一木支隊の全滅、ヘンダーソン飛行場砲撃、奇跡の撤退作戦と良く知られたエピソードの陰で、苦しみ生き抜いた兵士たちの戦闘があった。果敢に戦った建設部隊、飢島の果ての人肉食、撤退援護の捨て石部隊、そして取り残された兵士たち。重い口を開いた生存者の声を集め、地獄の戦場ガダルカナルの、さらに最奥の深淵を垣間見る。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。