山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

鋼棺戦史(第3部 悲島戦線・第3章・その4)

3.独立中隊の挽歌(承前)

Luzonmap.png ルソン島に展開した残る一つの独立戦車中隊である独立戦車第9中隊(旧独立戦車第11中隊)は、1944年11月にルソン島北部のエチアゲやツゲガラオに進出して飛行場整備に従事していましたが、翌1945年1月の米軍上陸と同時期に、既述の通り、北部の第103師団(駿兵団)に配属されました。なお、同師団指揮下の機甲戦力としては外に、戦車第2師団の各隊から集成した津守独立戦車中隊(軽戦車12~15両・装甲兵車2両)と、第103師団特種戦車隊(鹵獲M3軽戦車)及び第103師団砲兵隊自走砲中隊(鹵獲M3自走砲)がありました。
 第103師団の任務は、ルソン島北端のアパリに上陸することが想定される米軍、及び、ルソン島北部カガヤン平野に降下するおそれのある米軍空挺部隊の迎撃でした。独立戦車第9中隊はアパリへの米軍上陸に備えて、その内陸15kmのラローに駐屯しました。燃料のガソリンが不足してきたため、中隊長の中島保男中尉は、戦車をトーチカ化することも考え始めていたと回想しています。同様に第103師団に配属された津守独立戦車中隊は、主に空挺部隊に対する反撃戦力として期待され、海岸から少し離れた林の中に壕を掘って陣地を構成していました。
 この頃、付近に居た第103師団砲兵隊の自走砲中隊は、独立戦車第9中隊によって車両整備の援助を受けていたようです。第103師団砲兵隊にいた山本七平少尉は、独立戦車第9中隊と思われる近所の戦車隊について、軍神西住戦車長が乗っていたのと同じ八九式中戦車装備で、日本軍では珍しいガソリンエンジンの骨董品のスクラップ部隊、修理班の軍曹が「わが隊は修理班に関する限り日本一デッセ、何しろ廃品が動いちょりますからなあ」と自嘲していたと紹介しています(注1)。

 さて、1945年1月のルソン島リンガエン湾への米軍上陸後も、第103師団はルソン島北部から動きませんでした。北部に米軍別働隊が上陸・空挺降下して、リンガエン湾から北上する米軍主力と挟み撃ちにされることを警戒したものと思われます。
 しかし、4月中旬に米軍によりサラクサク峠・バレテ峠の防衛線が浸食され、米軍がカガヤン平野へ北上する危険が高まると、ついに第103師団にも南下してバレテ峠で米軍を阻止するよう命令が下りました(4月27日:尚武作命甲第690号)。一部だけが湯口支隊としてアパリに残置されます。
 このとき、独立戦車第9中隊もバレテ峠救援のため国道5号を南進することになりますが、独立戦車第9中隊は第103師団への配属を解かれて、独立速射砲第18大隊や野砲兵第22連隊第3大隊(注2)などとともに第14方面軍直轄に移されます。戦車第2師団主力が壊滅した当時となっては、貴重な機甲戦力として期待されたものと思われます。5月初めの第14方面軍の計画では、独立戦車第9中隊と独立速射砲第18大隊主力、それに工兵1個中隊をもって軍特殊作業隊を編成し、バレテ峠北のサンタフェ=バンバン間の橋梁破壊と対戦車戦闘に当てる予定でした。
 4月30日に独立戦車第9中隊は行動開始したようですが、燃料不足のため全戦車を移動させることはできず、小野見習士官(後に少尉)を小隊長とする第3小隊と病兵をラローに残置しました。中隊はその後も燃料不足に悩まされて、ツゲガラオに第2小隊をも残置し、中隊主力は中隊長車と第1小隊主力(2両)と自動貨車1両だけにやせ細ります。なお、第103師団全体も同様に輸送力不足のため行軍中に隷下部隊が細切れになってしまい、後に北上してきた米軍部隊と遭遇して各個撃破される結果になりました。
 独立戦車第9中隊主力は空襲を警戒して夜間行軍を続け、イラガン北方付近に到達します。到達時期は不明確ですが、戦友会報に載っている中隊長回想では6月上旬にイラガン北方3kmに進出とあります。中隊長回想によれば、マガット川に架かるイラガン北橋が米軍空襲で破壊されていたためそれ以上南下できず、イラガン北方で同地区警備担当の松井工兵隊の指揮下に入って布陣したといいます。南下開始時の目的地はバガバッグでしたが、同地はすでに米軍占領下でした。
 なお、津守独立戦車中隊の軽戦車12両も同様に夜間行軍主体で南下し、6月14日にカウアヤン付近まで進出後、米軍戦車隊を発見したため不利と判断して後退。しかし、イラガンの工兵橋を渡河しようとしたところ、橋が戦車の重量に耐えきれず崩落して軽戦車1両を失い、渡河を断念して国道5号を外れて川沿いの脇道に入った地点に布陣しました。第103師団の独歩第175大隊第2中隊が転進支援のため行動を共にしていたようです。

オリオン峠 対する米軍はバレテ峠を突破しており、第37歩兵師団先鋒の第145歩兵連隊戦闘団が6月10日にはオリオン峠に到達して、日本軍第103師団の第1梯団として急行してきた独立歩兵第179大隊と衝突します(画像はオリオン峠で交戦中の米軍部隊)。独歩第179大隊は峠脇の山地に入りつつ米軍側背を脅かして奮戦、米軍後続部隊の第148連隊戦闘団の車列に20両損傷の打撃を与えますが、6月14日にオリオン峠防衛線は崩壊。第103師団の主力部隊も国道5号を南下してきたままオリオン峠周辺の遭遇戦で粉砕され、6月16日にはカウアヤンも米軍の手に落ちました。

 独立戦車第9中隊主力は、戦史叢書によれば6月20日、イラガン北方13km付近で北上してきた米軍部隊を迎撃し、戦車を全て失いました。中隊の戦車3両は陣地に分散配置されたようで中隊長も戦場全体を把握できず、戦闘の詳細は不明ですが、第1小隊長車は直撃弾を受けて全員戦死したとの伝聞情報を紹介しています。6月19日から20日の戦闘による中隊の戦死者は26人と記録されています。
 津守独立戦車中隊の軽戦車11両も、ほぼ同時に近所で米軍戦車隊と交戦して、2両を残して全滅しました。残存車両も車載機銃だけ外して破壊処分したため、結局全損となっています。生存者の回想によると、津守中隊長は、この戦闘時に「独立戦車隊」に連絡に行っていて難を逃れたそうで(注3)、独戦第9中隊に連絡に行っていたのだと思われます。
 独戦第9中隊主力や津守独立戦車中隊と交戦したのは、米軍第37歩兵師団の第148歩兵連隊戦闘団でした。同戦闘団の第775戦車大隊B中隊第1小隊は、6月18日にイラガン南方2マイルの地点からサンアントニオ方面の側道に進撃中、日本戦車8両と交戦して全滅させたと記録しています。そのうち6両は、小隊付軍曹の戦車の戦果でした。戦車の数からすると日本側は独戦第9中隊ではなく津守独立戦車中隊と思われます。数では日本側が優っていたようですが、九五式軽戦車とM4中戦車では如何ともしがたい性能差がありました。第37歩兵師団は、6月19日から6月23日の国道5号北上中の一連の戦闘で、日本の軽戦車15~16両を撃破し、日本兵600人以上を殺害、285人の捕虜を獲得したと記録しており、戦車の撃破数は独立戦車第9中隊主力と津守独立戦車中隊の合計とほぼ一致します。

 生き残った独立戦車第9中隊長以下の主力約40人は徒歩でイラガン東方山中に退避して、松井部隊との合流を図るうちに終戦を迎えました。ラローやツゲガラオに残置された人員の行動の詳細も調査未了ですが、6月23日と6月30日にツゲガラオや東方海岸で計19人の戦死が記録されており、第2小隊はこの頃に米軍部隊と交戦したのではないかと思われます。
 独立戦車第9中隊の総兵力131~139人のうち、終戦後の生還者は73~76人と記録されています。後方待機期間が長く、直接の地上戦闘に関わった時期が短かっため、悲島と呼ばれたフィリピン戦線としては比較的生存者の多い部隊といえるでしょう。

 なお、以上は主に中隊長回想によった経過ですが、これとは別に第三者の目撃談として、独立戦車第9中隊主力が壊滅する直前の1944年6月14日、マガット川南岸カバツアンCabatuan(原文「カバナツアン」ですが、ヌエバ・エシハ州のカバナツアンのことではなくイサベラ州カバツアンの誤記と思われます。)の渡し場で独立戦車第9中隊を見かけたとの回想があります(注4)。
 この回想によると、6月14日、北部ルソンの山中に撤退する第2航空通信団司令部改編の臨時独立第2歩兵団司令部がカバツアンにいたところ、装軌車両の音がして敵戦車かと驚いたら、現れたのが独戦第9中隊の中戦車2両だったといいます。戦車隊の指揮官が、臨時独立第2歩兵団の中島参謀と打ち合わせの後、2両はサンチャゴやオリオン峠のある南へ走り去りました。まだ若い戦車兵らは、軍属の筆者が砂糖の塊を差し出すと受け取ってポケットに仕舞い、丁寧に敬礼したそうです。その後、伝令が届けてきた通信文によると、独立戦車第9中隊の2両の戦車は、大元大尉の野砲とともに敵戦車3両に損害を与えたものの、戦車と航空機の攻撃を受けて全滅したらしいとなっています。大元砲兵隊は第105師団砲兵隊の一部のようです。
 中隊長回想とは少し内容が異なるのですが、全体として詳細な内容の回想である上、かなり具体的であるため、それなりに信用できる情報として検証する価値があるように思われます。そこで、とりあえず参考としてご紹介するものです。(この章終わり


注記
1 山本七平 『私の中の日本軍(上)』 文藝春秋〈文春文庫〉、1983年、297頁。

2 野砲兵第22連隊は第16師団の師団砲兵で、師団主力とともにレイテ島で全滅しましたが、第3大隊(10㎝榴弾砲)は捜索第16連隊などとともにルソン島に取り残されていました。第103師団から転進援助のため独歩第175大隊第4中隊などをもらって南進しようとしましたが、馬匹不足やゲリラによる道路破壊で行動が遅れてバレテ峠にもオリオン峠にも間に合わず、最終的に湯口支隊の指揮下に入れられています。

3 弓井崇弘 「末期フィリピンの戦車隊で生き残る」『平和の礎-軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦(兵士編)』 第2巻、平和祈念事業特別基金、1992年。

4 須藤久男 「極限の戦場ルソンに生きる―戦史になき航空通信団司令部の戦闘全報告」『わが戦車隊ルソンに消えるとも』 潮書房光人社〈光人社NF文庫〉、2014年。初出は『丸』昭和54年5月号。著者の旧姓:市川、将校待遇の軍属か。
スポンサーサイト

蜘蛛の古巣を払いて

やや年も暮れ
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。