山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

第4611船団の疎開民間人

 ツイッターでもつぶやいたのですが、太平洋戦争中に米軍上陸直前のサイパン島から脱出しようとした日本の第4611船団という護送船団に、民間人の疎開者多数が乗船していたという話を見かけて気になりました。なので、とりあえずメモ書きとしてまとめておくことにします。

 見かけた話というのは、NHKの戦争証言アーカイブスに収録の石黒隆一「サイパン沖で沈んだ疎開者輸送船団の悲劇」です。著者は海軍一等兵曹で、ブーゲンビル島から内地へ転勤途中に、経由地のサイパン島から船団護衛艦の「第八拓南丸」に便乗したという方。「サイパンも戦局急を告げ、疎開学童を含む婦女子、3、4000人が内地に引き揚げることになった。(引用中略)婦女子は輸送船バタビア丸、門司丸など15隻へと分乗した。」とあります。沖縄戦の「対馬丸事件をはるかに超える大惨事」と。
 この船団は、1944年6月11日にサイパンから横須賀方面に出航した第4611船団(Wikipedia)のことと思われます。加入輸送船は「ばたびあ丸」「門司丸」など海軍徴用船12隻と陸軍徴用船1隻で、護衛は水雷艇「鴻」以下10隻でした。米軍第58機動部隊がサイパン攻略の事前空襲で来攻したため、サイパンに在泊中の艦船を退避させるため編成されましたが、上記石黒回想のとおり、米軍機動部隊に捕捉されて空襲と水上戦闘で壊滅しました。なお、上記石黒回想で司令官が高橋少将となっているのは、手紙の画像を見ると、同じく護衛部隊の第51号駆潜艇に乗艦していた方の話に基づくようですが、おそらく後に護衛した第4804船団(硫黄島から内地に航行中に米軍機動部隊と交戦。)で駆逐艦「松」に座乗していた高橋一松少将のことと記憶が混交しているものと思われます。

 さて、第4611船団は上記のように船舶保護が主目的だったので、私は、疎開する民間人はあまり便乗していなかったのではないかと思い込んでいました。なお、第4611船団の編成時点では、日本側はサイパンの攻略が直ちに始まるとまでは確信しておらず、とりあえず空襲から船舶を避難させようという認識だったようです。
 当時のサイパン島では、米軍上陸に備えて、民間居留民などの非戦闘員の本土疎開が推進されていました。民間航路の貨客船に乗せたり、増援部隊を運んだ輸送船の帰路に便乗させたりしていましたが、「亜米利加丸」(Wikpedia)や「白山丸」(Wikipedia)などが撃沈されて数百人単位の死者が出ていました。

 第4611船団の加入船を見てみると、「ばたびあ丸」や「門司丸」辺りは前者約180人、後者約80人ともともと相当の旅客設備を持っていたようですが、ほかは貨物船が多いようです。ただし、当時は兵員輸送用の軍隊輸送船として改装された貨物船が多く、貨物船でも人員輸送に使われた可能性はあります。「門司丸」も本来の旅客設備に加えて、船倉までいわゆる蚕棚式の寝台を組んで、初期の南方作戦では南海支隊の砲兵900人を運んだ実績があるとのこと。
 とりあえず、加入船についての文献を適当に当たってみたところ、以下の3隻にはサイパンから本土疎開する居留民が乗船していた可能性があると思われます。
batabiamaru.jpg
 「ばたびあ丸」(大阪商船・4392総トン):便乗者140人中18人死亡(駒宮『戦時船舶史』205頁)。画像は沈没しつつある同船ですが退船完了後か。
 「麗海丸」(東亜海運・2812総トン):邦人42人死亡(駒宮『戦時船舶史』266頁)
 「門司丸」(日本郵船・3836総トン):不明。『日本郵船戦時船史』では便乗者約1000人とありますが(上・713頁)、主にトラック島で収容した「海軍特殊設営隊」800人のようで(上・716頁)、サイパン島では同じ日本郵船所属の「高岡丸」(サイパン沖で6月5日被雷沈没)の遭難船員59人を追加乗船させたものの(上・700頁)、一般疎開者が乗っていたとは確認できませんでした。特殊設営隊の正体は未調査ですが、建設要員として使役されていた囚人部隊ではないかと思います。 なお、「ばたびあ丸」が撃沈された際、生存者の一部は「門司丸」に救助されたため、一時的に疎開民間人が「門司丸」に乗ったのは間違いないようです。

 加入船のうちで民間人の移動に最も適していたと思われる「ばたびあ丸」の便乗者が140人にとどまり、どうも全船に疎開者が乗っていたわけでもないことを考えると、上記石黒回想のサイパンからの疎開者3000~4000人乗船(商船1隻あたり婦女子300~350人×隻数、護衛艦1隻あたり70~80人×隻数)という推定は過大と思います。
 乗船中の疎開者の犠牲者数も、上記のとおり、「ばたびあ丸」18人と「麗海丸」42人という以上の資料がまだ確認できません。「ばたびあ丸」生存者の多くは「門司丸」に救助されたようですが、「門司丸」も本土行を断念してサイパンに戻り、米軍の艦砲射撃で撃沈されたため、最終的には乗船者のほとんどが死亡されたのではないかと思います。
 一部の方だけは「門司丸」沈没時に米軍艦艇に救助されて、ハワイなどの収容所に送られて生還という幸運な経過を辿っています。冒頭の石黒回想でも4人の方の名前が挙げられており、戦没した船と海員の資料館研究員の上澤祥昭の講演でも事例が紹介されています(『逗子ロータリークラブWeekly Report』2010-2011・34号(PDF))。陸上に逃れられた方があったのか不明ですが、「門司丸」船員や便乗中の「高岡丸」船員の場合、洋上で米軍捕虜になった方(「門司丸」7人・「高岡丸」4人)以外は生還者がなく、生存可能性は乏しいと思われます。

 戦場で民間人保護がどのように行われたのかという問題の参考事例として、もう少し掘り下げてみたい気もします。

参考文献
石黒隆一「サイパン沖で沈んだ疎開者輸送船団の悲劇」『NHK戦争証言アーカイブス』日本放送協会ウェブサイト
駒宮真七郎『戦時船舶史』駒宮真七郎、1991年
日本郵船株式会社『日本郵船戦時船史』上巻、日本郵船、1971年
防衛庁防衛研修所戦史室『マリアナ沖海戦』 朝雲新聞社〈戦史叢書〉、1968年

謝辞
 ツイッターで助言を頂いた、天翔艦隊管理人様にお礼を申し上げます。
スポンサーサイト
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。