山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記

 旧日本陸軍に、「士魂部隊」という愛称を持っていたものがあります。戦車第11連隊がそれで、漢数字の「十一」をちょっと組み替えると「士」の字になるということのようです。なかなかうまい。


大野芳「8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記」
                   (新潮社、2008年)
8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記総合評価:★★★★☆
 すでに太平洋戦争は終戦を迎えていたはずのその日、千島列島最北端の占守島では、新たな戦闘が開始された。上陸してくるソ連軍に対し、島の日本軍は反撃を行うことを決意する。深い霧に包まれた戦場へ、戦車第11連隊「士魂部隊」が突撃していく。
 それは避けることのできた偶発的な流血だったのか、それとも計画的な侵略行為だったのか。そして、終戦を知りながら兵士たちはどのような思いで戦っていたのか。元兵士たちの証言から、ことの真相に迫る。
 ポツダム宣言受諾後の北千島で行われた、占守島の戦いについてのノンフィクションです。太平洋戦争末期の敗戦続きの頃、日本軍の華々しい活躍があったとされる戦闘で、日本陸軍に興味があればご存知の方も多いかもしれません。
 本書は、その戦闘の実相を多くの元日本兵の証言を交えながら追っていきます。ポツダム宣言受諾を知った後の気の抜けた様子や、一転、手の震えでふんどしの紐が結べない出撃直前の緊張など、生き生きとした描写が魅力的です。

 著者は、従来の通説に対して、証言を頼りにいくつかの疑問を提起しています。
 特に、戦闘開始時刻と、軍使派遣の経緯の2点について詳しく述べられています。前者については、日ソ両軍記録の時差が2時間ではなく3時間であるとしたうえ、戦闘開始ももっと早い時刻、通説の18日未明ではなく表題の通り17日であったのではないかと指摘しています。後者については、これまで基礎資料とされてきた軍使随員の証言に対して、軍使本人の証言との矛盾点を挙げて検討を加えています。
 このほか、ソ連船マリューポール号の座礁事故は偵察目的の謀略だったという説を主張されたりしています。このマリューポール号の件など、所によっては考察が乱暴と感じられました。

 妙に心に残ったのは、著者がかつての証言者を訪ねていく下りです。矛盾点について確認を取ろうとするのですが、しばしば、もはや答えられない元兵士たちの状況が待っていたようです。

 いろいろな意味で証言の面白さと限界が見えて、なかなか興味深い一冊であったと思います。そして読み終えたとき、こうした検証ができるのは、今が最後なのだとひしひしと感じます。

総合評価:★★★★☆(真相は霧の中に)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/111-a0ddab8a
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。