山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

九段下交差点の大砲

kudan1.png 先日、九段下まで調べものに行ったところ、交差点そばの歩道に妙な物が立っているのをみつけました。

kudan2.jpg どうやら大砲の砲身のようです。詰め物がされているので、砲口からすぐに行き止まりになっています。詰め物がされていない範囲では内側がすっかり腐食してしまっていて、施条砲なのか滑腔砲なのかはっきりしないのですが、砲口の内縁にライフルは見当たらず滑腔砲のような気がします。砲身の先端面に十字の線が入っており、おそらく製造時のままの長さで、切断はされていないようです。口径は約64mm、外径で約114mmといったところで、おそらく2.5インチと4.5インチではないかと思われます。
 ちゃんと砲耳がついています。シンプルな構造です。
 材質は鉄でしょうか。鋳物の手工芸品のような表面の質感になっています。刻印などは無く、あまり飾り気はありません。

 さて、この大砲の正体は何者かと調べてみると、「弥助砲」であるとの説明が一般にされているようです。千代田区発行の「平和(戦跡)マップ」にも「弥助砲と呼ばれた大砲の実物が囲いの一部に利用されています」とあります。靖国神社の公式ガイドブック「ようこそ靖国神社へ」(近代出版社、2000年)にも弥助砲として紹介されています。
kudan3.jpg 篠原宏も「陸軍創設史」(191ページ)で「4ポンド山砲」3門が鎖で繋がれて九段下の交番横の歩道に残っているとしており、後述のように弥助砲を指すものとも考えられます。今は処分されてしまったのか1門しかありませんが、砲身に、鎖の取付けられていたような跡が残っており、記述と一致します。
 弥助砲とは、明治初期に日本で生産された2種の大砲の通称で、薩摩藩の砲兵隊にいた大山弥助(後に元帥となる大山巌)が開発したのにちなむ名です。弥助砲には、幕末の主力火砲であるフランス製四斤山砲を長砲身化したものと、十二斤臼砲の2種がありますが、そのうちの四斤山砲型であると伝えられるようです。四斤山砲型は、薩摩藩の集成館及び大阪造兵廠(明治3年以降)で、相当数が生産されています。なお、「斤」といっても英式重量ポンドではなく、フランス式なのでkg表記であり、砲弾重量が4kgであることを示します(この点、篠原氏は誤り)。

 しかし、私は弥助砲や四斤山砲ではないと考えます。
 まず、参考サイトの「依代之譜」でも指摘されている通り、材質が青銅ではなく鉄です。
 第二に、口径が小さすぎます。四斤山砲系は小型の大砲ですが、それでも口径は86.5mmあります。九段下の大砲は前述の通り約64mmです。

 では正体は何だろうと考えたのですが、私には細かい知識が無い分野で、てんでわかりません。維新前後の4ポンドから6ポンド級の野戦砲(山砲類)かボートカノンなのは確かだと思うのですが。同型の砲が3門並べてあったのだろうと思うので、ある程度は量産された大砲です。鉄製というとイギリス系のような気がします。
kudan4.jpg  2.5インチという口径は、いわゆる「アームストロング砲」ことアームストロング社製後装施条砲のうち6ポンド砲と同じようですが、砲身構造がシンプルすぎて違うような気がします。アームストロング後装砲であれば、砲身基部は強化されて表面に段差があるのが普通のようです。それに、最初に書いたように滑腔砲のような気もします。このサイトによるとニュージーランドで使用されたアームストロング製の6ポンド滑腔砲も2.5インチ口径の鋳鉄砲のようで、私見ではこの辺りの植民地用・輸出用砲が可能性があると考えます。
 戊辰戦争、それに南北戦争あたりの資料を丁寧に見ていけばわかりそうな気もするのですが、ちょっと手に負えなさそうです。どなたか、詳しい方、この女子トイレ前のゲートガードの正体を教えてください。


参考文献
大山元帥伝編さん委員(編)「元帥公爵大山巌 (1935年)」(大山元帥伝刊行会、1935年)
篠原宏「陸軍創設史―フランス軍事顧問団の影」(リブロポート、1983年)
幕末軍事史研究会「武器と防具 幕末編」(新紀元社、2008年)
依代之譜―帝国陸海軍現存兵器一覧」より「謎?の物件」
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/132-48b12232
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。