山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

ノモンハン地名リストと詳細地図

ノモンハン事件関係の地名などをあれこれメモ。
それから、作成した戦場地図を掲載。
なお、停戦後の国境画定については別記事の地図参照。

nomonhan_map1.png
<地形>
・ゴル:河川。ゴール。
・ノル:湖沼。ノール。
・~水:湖沼のうち淡水のもの。
・~湖:湖沼のうち塩水のもの。
・オボ:石積み。モンゴルの道祖神らしきもの。オボー。
・スメ:廟。仏教寺院。
・オーラ:山。「~オリーン・オボ」は「~山オボ」。
・ウンドルルク:丘。

<一般地名>
・ノモンハン:ノモンハン・ブルド・オボ。ノムハン。ソ連側主張国境要点。
・将軍廟:日本側前線司令部所在。ジャンジン・スメ。(ソ連側一部地図ではヨシマル付近に誤記)
・デブデン・スメ:ソ連側地図では満州領内ドロト湖北方12km付近だが詳細不明。しばしば将軍廟と混同。
・ハロンアルシャン:阿爾山。温泉。日本側鉄道端末の一。ハンダガイ南東。
・ハイラル:海拉爾。日本側鉄道端末の一。第8国境守備隊駐屯の要塞在り。
・ウズル水:ノモンハン西の小池。(ソ連側のウズル・ノルはアブタラ湖?)
・バイン・ツァガン山:白銀査干山。日本側渡河点対岸の高地。
・ハマル・ダバー山:810高地。ソ連側前線司令部所在地。ハルハ河屈折点西岸台地。
・タムスク:タムサク・ボラグ(美味なる泉)。ソ連側航空基地。
・三角山(ヌムルグ河畔):1031高地。マナ山の一部(南東の日本側呼称ハルハ山が頂上か?)
・ネメルケン河:現在の表記はヌムルグ河が一般的か。
・ヤンフー湖:ソ連側呼称。フイ高地北東の満州領内。ソホルマルテ湖?

<戦場地名>
・フイ高地:721高地(海抜721m)の「21」の語呂。パーレツ高地(指高地)。溥儀に由来は誤伝。
・ノロ高地:742高地。語源はノゴー・ウンドルルク(緑ヶ丘)?
・川又:ハルハ河・ホルステン川合流点。
・バルシャガル台地:川又北西の台地。レーミゾフ高地。
・733高地:バル西高地。バルシャガル台地西部。738高地としばしば混同。
・イミ高地:753高地の「53」の語呂。
・クヨヨ高地:944高地。
・フラト・オリーン・オボ:ソ連側国境屈折点。970高地?
・南クヨヨ高地:南944高地。ハンダガイ西方。
・997高地:エリス・オリーン・オボと同じとする資料があるが誤りか?
・904高地:歩兵第16連隊(宮崎部隊)激戦地。エリス・オリーン・オボと略同。
・ヨシマル:ドロト湖畔。安岡支隊集結地跡。
・タマダ:ハンダガイ西方。安岡支隊ハルハ河渡河の予定経由地。
・コマツ台:川又対岸高地。「小松」原師団長より命名。
・ハラ台:コマツ台北方高地。小松「原」師団長より命名。
・廃墟:フイ高地対岸付近のソ連側地名。イヘ・ボルハン廟(ベイスン廟)の跡か?
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/137-c6ef0c91
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。