山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン内戦と海軍(第9回)

4.海軍航空隊と海軍歩兵について
 スペイン海軍には、艦隊以外に航空隊と海軍歩兵が存在していました。実力としては、艦隊以上に小規模なものではあったのですが。

(1)海軍航空隊
 当時のスペイン海軍は、すでに退役していた水上機母艦「デダロ」以外には、航空機運用可能な艦船を保有していませんでした。(重巡「カナリアス」級が、計画では搭載するはずであったようです。また、軽巡「セルベラ」「セルバンテス」は、内戦後の改装で水上機を搭載しています。)
 しかし、水上機を中心に、12個飛行隊およそ100機の独自の基地航空兵力を持っていました。水上機は、サヴォイアS.62爆撃飛行艇31機、マッキ M.18汎用飛行艇14機、ドルニエ「ヴァール(ワール)Wal」哨戒・輸送飛行艇13機。陸上機は、ヴィッカース「ヴィルデビーストVildebeest」雷撃機 27機(うち水上機型2機)、マーチンサイドF.4「バザードBuzzard」戦闘機9機といった辺りが一応の実用機でした。変わったところでは、スペインの誇るシエルバ系のオートジャイロもC.19やC.30など数機を保有しており、水上機母艦「デダロ」で運用試験がされたこともありました。
spanish_vildebeest ただ旧式化した機材も多く、F.4戦闘機などは、ほぼ練習機扱いだったようです。1928年初飛行のヴィルデビースト雷撃機が、精一杯の新型機でした。
 ヴィルデビーストのうち26機など、かなりの機体はライセンス生産したもので、一部はエンジン換装等が行われていました。例えば、ヴィルデビーストは、本来のブリストル空冷エンジンを、イスパノスイザ製の液冷に換装しています(左画像参照)。

 内戦時には、S.62が5機だけ反乱に加わった以外、共和政府に忠実だったようです。これは、スペイン空軍が政府に忠実だったのと同様です。もっとも、大勢に影響を与えるだけの力は無かったのですが。すぐに戦力を消耗し、1937年には空軍に吸収されてしまったようです。ちなみに国粋派空軍のトップエースとなるガルシア・モラトGarcia Morato大佐の初撃墜は、共和派海軍のヴィルデビースト雷撃機でした(1936年8月12日)。
 一方の反乱軍側の海軍航空隊は、独伊から援助を受けて戦力を充実させています。ヴァール、S.62、マッキM.41戦闘飛行艇など各60機ほどを供与されたようです。この他、コンドル軍団などにも水上機部隊があり、艦船攻撃に活躍しました。
 なお、機体の一覧画像は、こちら「Spanish Civil War aircraft」で見ることができます。このサイトを見ると、あまりの使用機種の多さに、びっくりするやもと思います。

<内戦勃発時の配置(推定)>
マオン:S.62×5
バルセロナ:ヴァール×1、ヴィルデビースト×1、S.62×3、M.18×14(一部整備中)
サグント:ヴァール×5、S.62×18、ヴィルデビースト×26、F.4×9
カディス:ヴァール×7(整備中。おそらく国粋派により捕獲)
モロッコ:S.62×5(造反)
その他:若干


(2)海軍歩兵Infantería de Marina
infantaria_de_marina.jpg いわゆる海兵隊です。直訳すると海軍歩兵となります。1537年に起源のある由緒正しい部隊です。
 もともとは接舷切り込みを主要任務としていたのですが、第一次世界大戦でのガリポリ作戦や、リーフ戦争と呼ばれるモロッコ出兵の戦訓から、上陸作戦部隊としての任務が重要視されるようになったようです。画像は、着岸したXライター(イギリスの第一次世界大戦型上陸用舟艇)から上陸する海軍歩兵隊の写真。

 内戦開始時にはマドリードに司令部があり、エル・フェロルとカルタヘナに連隊規模の部隊が、カディスには大隊があったようです。それぞれ一部は各基地所属の艦艇に配属されていたのではないかと思います。重巡「バレアレス」沈没時の戦死者に、海軍歩兵が混じっています。
 このうち、エル・フェロルとカディスの部隊は国粋派の反乱に加わり、序盤の艦船接収に活躍しています。また、内戦末期のコルンブレテス諸島占領も行っています。
 カルタヘナの部隊は、共和派についたようです。(第10回に続く
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/158-30189eba
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。