山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

スペイン内戦と海軍(年表)

<1936年>
2月 スペイン共和国で、アサーニャ人民戦線政権成立。
7月18日 陸軍右派クーデターも政権掌握失敗。本格内戦突入。
   20日 国粋派がエル・フェロルなど本土北部を制圧。在泊艦艇を捕獲
      共和派艦隊、ジブラルタル海峡を封鎖。
   29日 在モロッコ植民地の国粋派軍、本土へ空輸開始。
8月 5日 国粋派の輸送船団「勝利の船団」が本土上陸成功
   7日 第1次マドリード攻防戦。モラ将軍「一週間で占領」宣言も敗北。
   8日 フランス、不干渉へ方針転換。
   9日 共和派がバレアレス諸島上陸作戦を開始。(9月3日撤退)
9月 9日 非干渉委員会の開始。
  21日 共和派艦隊主力、ビスケー湾へ進出
  29日 エスパルテル岬沖海戦。国粋派がジブラルタル海峡の制海権を掌握。
10月1日 フランコ将軍、国粋派プルゴス政権樹立。
      ソ連援助船の第一陣、黒海発
10月7日 共和派陣営のバスク地方政府成立。
 中旬 第2次マドリード攻防戦。モラ将軍「第五列」発言。
     国際旅団が本格参戦。マドリード初空襲(29日)(11月末に包囲移行)
11月6日 共和政府、マドリードからバレンシアへ遷都。
  15日 コンドル軍団、初作戦。
  18日 独伊エルサルバドル、フランコ政権を承認。
  22日 伊潜水艦「トリチェリ」、共和派の軽巡「セルバンテス」を撃破。
12月12日 国粋派重巡「カナリアス」が、ソ連援助船「コムソモール」を撃沈
      独潜水艦「U34」、共和派潜水艦「C3」を撃沈。
  23日 バスク特設砲艦が、独援助船「パロス」を拿捕。(翌年1月、独艦隊報復)

<1937年>
1月28日 非干渉委員会、海上査察を決定。(4月末までに完全実施)
2月 7日 国粋派がマラガを占領
3月 5日 マチチャコ岬沖海戦。国粋派重巡「カナリアス」、バスク護送船団を撃滅。
   8日 第3次マドリード攻防戦。伊義勇軍、グアダラハラの戦いで敗北。
4月26日 ゲルニカ空襲。
  30日 国粋派戦艦「エスパーニャ」、触雷沈没。
5月 3日 五月事件。バルセロナで共和派が大規模な内紛。(5月8日まで市街戦)
  21日 共和派戦艦「ハイメ1世」、空襲で大破。(6月17日、修理中に爆沈)
  29日 独装甲艦「ドイッチュラント」、共和派航空機により誤爆。(31日、独艦隊報復)
6月初旬 (ソ連、赤軍大粛清始まる)
   3日 モラ将軍、航空機事故(?)で死亡。
  19日 国粋派がビルバオ占領。バスク政府亡命。
  月末 独伊、海上査察から離脱を表明。
7月 6日 共和派の反撃、ブルネテの戦い開始。(26日までに共和派敗北)
8月初旬 フランコ将軍の要請により、伊軍は地中海の通商破壊を強化
  24日 共和派が、アラゴン攻勢を開始。(9月中旬までに敗退)
  26日 国粋派が、サンタンデル占領。
  27日 バチカンが、フランコ政権を承認。
9月 7日 シェルシェル岬沖海戦。国粋派重巡「バレアレス」が、護送船団を襲撃。
   9日 ニオン会議開始。(英仏の譲歩により、中旬に独伊、査察復帰。)
  23日 国粋派重巡「カナリアス」が、共和派の護送船団を拿捕。
10月21日 国粋派が、ヒホン占領。ビスケー湾の北部戦線消滅。
   25日 共和政府、バレンシアからバルセロナへ遷都。
11月 6日 (日独伊三国防共協定)
   11日 英国、フランコ政権に代表部派遣決定し、事実上の外交関係樹立。
12月 1日 日本、フランコ政権を承認。
   15日 共和派が、テルエル攻勢。(テルエル一時占領も翌年2月末撤退)

<1938年>
1月末 フランコ将軍、正式に政府樹立。
3月初旬 国粋派が、アラゴンで本格攻勢。地中海岸を目指す。
   5日 パロス岬沖海戦。共和派艦隊が、国粋派の重巡「バレアレス」を撃沈。
  13日 (ドイツ、オーストリアを併合)
  16日 バルセロナ連続空襲。石油施設破壊。(18日まで)
4月15日 国粋派が、ビナロス占領。地中海岸に到達し、共和派勢力を南北分断。
  16日 (英伊協定成立。将来的撤兵の代わり、エチオピア領有を承認)
  28日 ポルトガル、フランコ政権承認。
7月22日 共和派がエブロ渡河、反撃作戦開始
8月27日 共和派駆逐艦「ディエス」、ジブラルタル海峡突破を図るも撃破
9月30日 (英仏独伊、ミュンヘン協定調印)ソ連、援助打ち切り決定。
11月15日 エブロ川の戦いが共和派の敗北に終わる。国際旅団解散式。

<1939年>
1月26日 共和政府首都バルセロナ陥落。(2月10日までにカタルーニャ戦線消滅)
  27日 英仏、フランコ政権を承認。
3月 4日 共和派陸軍カサード大佐、クーデター実行。共産党系部隊と戦闘状態。
     カルタヘナで国粋派市民が蜂起、共和派艦隊脱出。(6日、仏領に抑留)
   6日 国粋派のカルタヘナ上陸作戦、要塞の反撃により失敗。
  26日 カサード大佐、国粋派への無条件降伏を受諾。
  28日 マドリード開城。(31日までに、全土制圧)
4月 1日 フランコ政権、内戦終結を宣言。
   9日 (イタリア、保護国アルバニアを併合)
9月 1日 (第二次世界大戦勃発
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/161-1122d03a
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。