山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

鋼棺戦史(はじめに)

 元戦車兵の作家である司馬遼太郎に「憂鬱な乗り物」と言われ、火葬の手間いらずな「15万両のお棺」と歌われた日本軍の戦車。近代地上戦の王のはずが、進化の流れに取り残され弱火力・弱装甲に甘んじた存在……。

 日本軍は敵の戦車と重砲を相手に歩兵だけで戦ったとよく言われますが、実は意外なほど多くの戦場に装甲車両が投入されています。もちろん、たいていの場合ほんの一握りでありましたが。
 そして質で劣り、数でも及ばない日本軍の戦車部隊は、指揮官の無理解も重なって各地で壊滅していったのです。

 本稿ではそのような「鋼鉄の棺」に乗った戦車兵の苦闘について、いくつかの部隊を紹介していきます。詳細には及べないと思いますが、あまり有名ではない部隊も取り上げていく予定です。公開順序は章立てと前後すると思いますが、あしからず。


<目次>
第一部 ノモンハンの戦い
 1.軽騎兵の突撃(第23師団捜索隊)
 2.機械化工兵(工兵第24連隊)
 3.五族協和の旗の下に(満州国軍独立第1自動車隊装甲車隊)
 4.フイ高地の死闘(第23師団捜索隊、戦車第3連隊)
 5.悪名高き部隊(迫撃第2連隊)
 6.幻の逆襲戦(戦車第5連隊)
第二部 栄光と転落
 1.小さな電撃戦(捜索第5連隊、戦車第1連隊第3中隊)
 2.M3ショック(戦車第2連隊第1中隊ほか)
 3.武器無き戦車隊(独立戦車第3中隊・第4中隊、歩兵第15連隊戦車中隊、第52師団戦車隊)
第三部 悲島戦線
 1.戦場の宅配便(戦車第2師団レイテ派遣隊、第1師団制毒隊、独立戦車第7中隊)
 2.地上特攻隊(戦車第10連隊第5中隊)
 3.独立中隊の挽歌(独立戦車第7中隊~第12中隊)
 4.押収品と再生品(第100~第103師団特種戦車隊、第103師団砲兵隊自走砲中隊)
第四部 ビルマの落日
 1.方面軍に唯一つ(戦車第14連隊)
 2.続・方面軍に唯一つ(戦車第14連隊)
 3.先遣隊の槍は砕けて(騎兵第55連隊)
 4.雲南を往く龍騎兵(捜索第56連隊)
第五部 終焉
 1.沖縄の戦い(戦車第27連隊、捜索第24連隊、第24師団制毒隊)
 2.ザ・ラスト・スコードロン(独立戦車第13中隊・第14中隊)


<参考文献>
全般
厚生省援護局「旧陸海軍部隊略歴」(昭和館所蔵の電子版)
敷波迪「日本軍機甲部隊の編成・装備 改訂版」(1~2巻、グランドパワー別冊、ガリレオ出版、2009年)

第一部関係
浅利義成「工兵第二十四聯隊」(工24史編集会、1982年)
アルヴィン・D・クックス「ノモンハン―草原の日ソ戦1939」(上下、朝日新聞社、1989年)
石川巌「空白への挑戦:独断撤退」(朝日新聞1989年6月28日夕刊~)
扇廣「私評ノモンハン」(芙蓉書房、1986年)
鬼塚智応「惨たり燦たりノモンハンの夕映え―捜索第二十三聯隊の戦闘詳報」(鬼塚智応、1988年)
機甲工兵編集室「突進する日本陸軍の進路を開いた機甲工兵部隊の回想」(機甲工兵編集室、1980年)
捜索第23連隊「第一次第二次ノモンハン事件戦闘業務詳報・14.5.21-14.8.25 捜索第二十三聯隊」(1939年)
独立第1自動車隊「独立第1自動車隊月報―康徳4年11月分」(1937年、JACAR Ref.C01003346700)
樋口紅葉「ノモンハン実戦記」(大東出版、1940年)
古是三春「ノモンハンの真実 日ソ戦車戦の実相」(産経新聞出版、2009年)
防衛庁防衛研修所戦史室「関東軍(1)対ソ戦備・ノモンハン事件」(戦史叢書、朝雲新聞社、1969年)
マクシム・コロミーエツ「ノモンハン戦車戦」(大日本絵画、2005年)
満洲国軍刊行委員会「満洲国軍」(蘭星会、1970年)
読売新聞社「昭和史の天皇」(25~29巻、読売新聞社、1974~1976年)
陸軍習志野学校編纂委員会「陸軍習志野学校」(陸軍習志野学校編纂委員会、1987年)

第二部関係
鹿江武平「戦車第十聯隊史」(戦十史刊行委員会、1988年)
下田四郎「サイパン戦車戦―戦車第九連隊の玉砕」(光人社NF文庫、2002年)
高橋文雄「日本陸軍の精鋭 第十四師団史」(下野新聞社、1990年)
防衛庁防衛研修所戦史室「中部太平洋陸軍作戦(1)マリアナ玉砕まで」(戦史叢書、朝雲新聞社、1967年)
同上「中部太平洋陸軍作戦(2)ペリリュー・アンガウル・硫黄島」(同上、同上、1968年)

第三部関係
防衛庁防衛研修所戦史室「捷号陸軍作戦(1)レイテ決戦」(戦史叢書、朝雲新聞社、1970年)
同上「捷号陸軍作戦(1)ルソン決戦」(同上、同上、1972年)
細田正一「独立戦車第八中隊―ルソン戦線の軌跡」(細田正一、1989年)
Cannon, M. Hamlin, Leyte: The Return to the Philippines, United States Army in World War II : The War in the Pacific, Washington D.C. : Office of the Chief of Military History Department of the Army, 1993.
Smith, Robert Ross, Triumph in the Philippines, United States Army in World War II : The War in the Pacific, Washington D.C. : Office of the Chief of Military History Department of the Army, 1993.

第四部関係
筒井修、今原旭「最後の騎兵隊」(井上節斉、1984年)
寺本弘「戦車隊よもやま物語」(光人社NF文庫、2004年)
防衛庁防衛研修所戦史室「インパール作戦 ビルマの防衛」(戦史叢書、朝雲新聞社、1968年)
同上「イラワジ会戦 ビルマ防衛の破綻」(同上、同上、1969年)
同上「シッタン・明号作戦 ビルマ戦線の崩壊と泰・仏印の防衛」(同上、同上、1969年)
ルイ・アレン「ビルマ遠い戦場」(上中下、原書房、1995年)
聯隊戦記編纂委員会「戦車第十四聯隊戦記」(戦車第十四聯隊戦友会、1981年)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/180-d93c1abe
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。