山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

ノモンハン捕虜の運命(第2回)

2.ソ連側の捕虜について
 日本側だけでなく、ソ連側にも捕虜は発生しています。例えば5月20日には早くも1名が満州国軍に捕らえられています。その総数は、ソ連兵84名(資料8・156頁)とモンゴル兵11名と考えられます(資料5、資料7、資料9)。

 捕虜となったソ連兵は、日本側の支給する食料に一応満足していたようです。資料14に載っている写真を見ると、山盛りの乾パンらしきものを、茶色の飲み物と一緒に食べています。傷の手当てを受けた捕虜も写っています。
 他方、ソ連側の資料では、ぼろぼろの被服を着用させるなど過酷な取り扱いを受けたとしています(資料10)。たしかに写真に移っている捕虜はソ連軍の被服をそのまま着ているようです。
 しかし、ある日本軍将校によると捕虜は歯ブラシやタオルなどを支給されていたといい、残虐な取り扱いではなかったものと思います。もしぼろぼろの衣服というのが事実なら、大量の日本軍物資を鹵獲したソ連側と違って、日本側では着替えのソ連軍衣料は用意できなかったためではないでしょうか。

 なお、このほかに張鼓峰事件の捕虜や国境侵犯で拘束されていた抑留者があり、一緒に捕虜交換交渉の俎上に上っています。ソ連側は張鼓峰事件の捕虜2名、中国戦線での捕虜1名などの返還を求めたようです(資料7)。


3.捕虜交換について
 ノモンハン事件停戦直後の1939年9月27日頃に第1回捕虜交換、外交交渉を経た翌1940年4月27日の第2回捕虜交換の2度の捕虜交換が行われています。

(1)第1回捕虜交換
 現地停戦交渉にもとづく第1回交換では、日本側捕虜として88名が送還されています。うち約半数は負傷していたといいます。将校は1名のみ含まれています(資料11)。前述のように6名が満州国軍の軍人軍属でした。資料11は満軍捕虜を5名としますが、軍属1名が抜け落ちたのかと思います。
 同時に日本軍将兵の遺体の引渡しも行われています。55体の航空兵の遺体のほか『その他』の遺体4体が引き渡されました(資料11)。『その他』の意味するところが不明ですが、五味川は捕虜として拘束中の死亡者と推測しています(資料2・238頁)。
 一方、日本側からソ連側には、ソ連人捕虜77名とモンゴル人捕虜10名が引き渡されています(資料9)。基本的に同数交換主義だったようです。あと3名が返還される予定でしたが、直前に取りやめになったといいます(資料8・156頁)。

(2)交換交渉
 その後、現地での交渉は難航し、10月10日頃を最後に交渉打ち切りとなったようです。ソ連側は未送還捕虜について少佐1名を含む7名だとし、もっと多数と推測する日本側と対立しました。日本側の照会・再調査要求に対しては、「白々しく」未確認は2~3名だと思うが案外多いかもしれないと、はぐらかしたといいます(資料4)。
 ソ連側は、モスクワの指示に従って、第1回の残り3名のほかに10名の返還請求をしていました。これは実は既述のノモンハン事件以外の捕虜・抑留者だったのですが、その点が明確でなかったため、残り3名きりだとする日本側と行き違いを生じたようです。事件外捕虜については、日本側現地軍の交渉権限を越える面もあり、これらが交渉が止まる原因となったと思われます(注記参照)。

 代わって外務省を通じた交換交渉が、国境線画定や通商交渉などと並んで行われることになります。日本側の東郷大使と、ソ連側のモロトフ外相・ロフスキー次官の間でたびたび会談が開かれています(資料7・527~529頁、資料23・40~43頁、資料24・32~34頁)。
 当初、日本側の全数返還提案にモロトフも快諾し、交渉はスムーズに進むかに見えました。11月19日には、残る3名のソ連側捕虜の返還と引き換えに、日本側100名前後(うち半数以上が日本人)が返還されるとの数字も出ていました。第1回とは異なり、同数返還といった条件はありません。
 ところが、12月3日に至って、突如としてロゾフスキー次官から、残りの捕虜は3名ではなく20~30名だという確証があるとの主張が出てきます。そして、日本側が3名しか返さないなら45名しか返せないと、後退してしまいました。日本側は事件外の抑留者なら23名あると答えますが、納得されず、交渉は再び暗礁に乗り上げてしまいます。
 心底困ったであろう日本側が必死に調査したところ、送還済み捕虜の一人が、事件外抑留者23名と接触していたことが判明します。翌1940年3月17日にそのことをソ連側に通知したところ、ようやくモロトフを納得させることができました。
 こうして全数返還主義による第2回捕虜交換協定が妥結します。3月26日にまず45名の返還者名簿が日本側に渡され、4月15日に残余71名の名簿が交付されました。ソ連側の説明では、これで帰国拒否者を除く全数だとされたようです。

(3)第2回捕虜交換
 この結果、第2回交換では116名の日本側捕虜が引き渡され、このうち13名は前述のように停戦後の戦場抑留者です。資料13は第2回送還者を204名とし、これを引くサイトもありますが、第1回と第2回の合計が誤認されたものでしょう。
 日本側からは、ノモンハン事件捕虜2名です。本来はさらにモンゴル兵捕虜1名が送還される予定でしたが、その前に病死してしまったとされます(資料7・ 529頁)。ワルターノフは、日本側がソ連人捕虜を結局77名しか帰さなかったとしていますが(資料8・156頁)、この第2回分の2名を忘れてしまっています。
 その他、事件外抑留者である9名のソ連人も返還すべきものとされ、ソ連側に名簿が交付されています(資料5)。内訳は、事件外捕虜2名、偵察機乗員1 名、郵便機乗員2名、民間船員4名です。しかし、これについては実際の送還は別の機会に先送りされてしまったようで、実現したのか確認できませんでした。

 第2回で返還された純然たる捕虜103名について、日本人の数が問題です。クックスによると64名が日本軍捕虜で、39名が満州国軍といいます(資料14・下269頁)。
 ここで資料5に含まれる関東軍から陸軍大臣宛に送られた電文(関参一電611号)では、下士官6名と兵54名だと記していますが、明らかな「間違い」です。第2回送還者には、少なくとも飛行第1戦隊長の原田文雄少佐ら2名の飛行将校が含まれているはずですが(資料14・下270頁)、右の電文に表れていないからです。おそらく将校を除いた数字でしょう。除かれた理由は後で検討します。

(4)小括
 2回の捕虜交換で、日本軍146名と満州国軍45名の捕虜が生還したことになります。(つづく


注記
 この点、ワルターノフが言う日本側が残した捕虜10人(資料8・147頁)というのも、いまだにこの事件外抑留者の返還問題を誤解しているのではないでしょうか。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/183-4f458751
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: