山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

ノモンハン捕虜の運命(第3回)

4.帰還捕虜の処遇について
(1)処遇の原則

 捕虜交換によって帰国した日本兵については、第1回交換後すぐの9月30日に「今次事変に於ける捕虜帰還者の取扱方に関する件」(資料15)で、陸軍省から関東軍へ処理方針が示されています。
 これによると、(ア)一律に取調べを行い、有罪と見られれば起訴すること。(イ)無罪者・不起訴者のうち必要な者は厳重な懲罰処分とすること。(ウ)服役・懲罰が完了した者は、必要ならば償勤兵として教化隊へ配属すること。(エ)将来については本人の希望があれば、日本以外での生活を斡旋することなどとされています。
 この方針が提示される前に、すでに関東軍では独自に査問委員会を設置していたようですが、方針に従って10月2日に関作命甲232号(資料16)を発し、一連の措置を開始します。なお、関東軍としては当初は寛大な処分で済ます方針だったという軍医の証言があります(資料22・73頁)。

 帰還捕虜は新京陸軍病院の新站分院に収容され、関東軍参謀今井大佐の指揮の下、取調べ・特設軍法会議を受けます。実働要員として、2名の法務官や西田中佐以下の関東軍憲兵隊などが送り込まれます。
 新站陸軍病院は周辺に他の施設がなく隔離に適していたため、選ばれたようです。病院とは言いつつ、正規の医療関係者は退去させられて代わりの特選の将兵が配属され、衛生兵に変装した憲兵もいるような状況だったといいます。特に重大被疑者が入った独房の待遇は、半ば死んだも同然だったという憲兵の回想もあります(資料14・下272頁)。こうした医療体制の不備との因果関係は不明ですが、収容中に3名の重傷者が死亡しています。
 第2回交換の帰還捕虜も、同様に新站陸軍病院へ収容されました。こちらでも収容中の死者が少なくとも1名発生しています。

(2)取調べと軍法会議
 第1回交換での帰還者の場合、11月16日に軍法会議が開かれているため、それまでの約1ヵ月半の間、種々の取調べが行われたものと思います。第2回交換では、4月末から5月中旬までの半月、取調べ期間が置かれています。
 尋問では、捕虜になったときの状況が第一に問題とされたようです。日本陸軍においても、公式には捕虜になること自体は違法とはされないため、敵前逃亡罪(陸軍刑法75条1号)が主たる被疑事実となったものと思われます。「陛下の特別のお計らいで罰せられることはない」から経緯を正直に話せと言われた者もいたようです(資料14・下274頁)。
 このほか、ソ連側での処遇、特に思想教育がどのようなものであったかも重視されたようです。スパイが送り込まれることを警戒したのでしょう。

 意外なようですが、起訴されて特設軍法会議にかけられた者は、それほど多くないようです。第2回交換帰還者についての集計資料は確認できていないのですが、第1回交換の場合、起訴者は帰還者82名中の2名のみです(資料17)。前述のようにあくまで捕虜になること自体は、罪に問えないためでしょう。ただ第1 回交換では重傷者が多く、人事不省の間に捕虜となったことは有利な事情であるため、第2回に比べて不起訴者の割合が高かった可能性はあります(*1)。
 それでも、理不尽と思える起訴例もあります。例えば、被弾炎上して自爆しようと急降下したところ、運良く火が消えたため不時着して5日間さ迷った後、ついに気絶したところを拘束された航空兵曹長が「敵前逃亡罪」で起訴されました。有罪判決を受け、懲役2年10ヶ月のうえ一等兵に降格となっています(資料14・下273頁、資料25・35~36頁、資料22・97頁)。さ迷ううちに帰還に絶望していた点をとらえて「逃亡」ということのようで、相当な拡大解釈といわざるを得ないでしょう。下士官だったため、処分が重くなったと考えます。ただ、自爆を試みた点が評価されたのか、酌量軽減(刑法66条)が認められています。

 そして、より問題なのは、こうした公式の軍刑法の適用ではなく、それ以外のさまざまな非公式の取り扱いだったのではないかと思われます。(つづく


注記
*1 自決を試みたことを法廷で陳述したところ、白衣の法務官に誉められ、刑罰ではなく懲罰処分である重営倉で済んだという証言があります(資料14・下275頁)。これも起訴後に無罪判決となったのではなく、予審により不起訴となって、その後で別に懲罰処分を受けたということだと考えます。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/184-e02012c5
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。