山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

リーフ共和国興亡(第6回)

5.スペインの動揺
(1)プリモ・デ・リベラの登場

 第一次大戦後の不況に加え、アンワール会戦など相次ぐ敗北に、スペイン本国では、国王と政府に対する不満が高まっていました。軍内部でも、モロッコ死守を主張する「アフリカ派」と、早期撤退を求める「半島派」に二分されます。
プリモ・デ・リベラ 1922年9月、ついに軍部が混乱収集に動きました。カタルーニャ軍管区司令官ミゲル・プリモ・デ・リベラMiguel Primo de Rivera将軍を先頭にした陸軍部隊が、首都マドリードへ進駐したのです。
 国王アルフォンソ13世は、プリモ・デ・リベラ将軍を首相に任命。プリモ・デ・リベラ将軍により、軍部中心の内閣が組閣されました。

 国王とプリモ・デ・リベラ将軍の関係は、良好だったようです。国王は、政治力のあるプリモ・デ・リベラ将軍を利用しての王政維持を狙っていました。
 ちょうど同時期の1922年10月に、イタリアで成立したムッソリーニ体制と類似しているように思います。アルフォンソ13世がイタリア国王とトップ会談した際、同行したプリモ・デ・リベラ将軍を「私のムッソリーニ」と紹介したとも聞きます。

 首相となったプリモ・デ・リベラ将軍は半島派に近く、モロッコ撤兵を、もともとは考えていました。
 しかし、就任後の現地視察で、サンフルホJos é Sanjurjo将軍やフランコ中佐(1923年6月昇進)らアフリカ派の軍人に説得され、方針転換します。なお、このときの視察は、撤退議論から、かなり緊迫した雰囲気だったようです。

(2)スペイン軍の改革
 プリモ・デ・リベラ将軍は、形勢立て直しを計るべく、まず軍の改革を進めました。
 第一次世界大戦を経験しなかったスペイン陸軍は、当時、完全に腐敗していました。貴族出身の士官が、総人員の12%以上を占め、かなりトップヘビーの組織構成になっていたようです。士官の給与が予算を圧迫し、装備の更新も遅れています。士官人件費が、軍事予算の6割と言う少し怪しげなデータまであります。
 人員面の改善策としては、外人部隊の増強と、現地のモロッコ兵部隊(ムーア兵・モーロ兵)の増強が行われました。もちろん、本国陸軍も可能な限りの再編成が試みられたようですが、貴族士官の整理は十分とはいえなかったようです。(この人事面は、スペイン内戦に至るまで最終解決されません。)

スペイン陸軍のルノーFT-17軽戦車 装備面では、航空機や戦車、輸送用のトラックの増強が図られました。
 すでに戦車部隊については、フランスから輸入したシュナイダー突撃戦車とルノーFT-17軽戦車(左画像)の合計20両ほどが、1922年春にモロッコへ投入されていました。これに加えて、国産戦車の開発生産が進められます。
 航空部隊に関しては、海軍機の出動が要請され、1924年には水上機20機以上が進出します。

 軍の改革と共に、アンワールでの敗北の原因究明も進められました。特命委員会の調査の結果、軍指揮官に加えて、国王にも責任があるという発表がされています。1923年1月に、身代金支払いにより捕虜350人が解放されていますが、彼らの証言も採用されたのでしょうか。
 この調査結果もあって、国王アルフォンソ13世は、すっかり実権を失い、主導権はプリモ・デ・リベラ将軍に移ることになりました。(第7回へ続く
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/210-abc76d7c
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。