山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

リーフ共和国興亡(第11回)

7.アルセマス上陸作戦
(3)首都攻防

 9月8日の第一次上陸の成功の後、スペイン軍は次々と増援部隊と補給物資を揚陸させました。9月20日までに、後続部隊1万5千人の到着を受け、上陸兵員は合計でおよそ2万3千人に達します。多数の火砲、戦車10両も含まれていました。

 9月21日、スペイン軍は、揚陸地点正面の2つの高地に対して、総攻撃を開始します。攻撃の先頭に立ったのは、再びフランコ大佐でした。
水上機母艦デダロ 艦砲射撃、それに航空部隊が濃密な支援を与えます。水上機母艦「デダロ」(左画像)の艦載機も、母艦との間を往復して航空支援を行いました。「デダロ」艦載機は、21日だけで175発の爆弾を投下しています。
 岬にあった陣地同様、この高地群にも多数の塹壕が掘られ、鉄条網と地雷に掩護されたリーフ軍兵士が立てこもっていました。リーフ兵は、優れた狙撃の腕を発揮し、数人のスペイン軍士官を撃ち倒しています。第二次大戦時に「青師団」師団長となるムニョス・グランデスAgustín Muñoz Grandesも、負傷者の一人です。
 しかし、猛烈な支援砲火の前に、守備隊の戦力はじわじわと削られていきました。
 9月23日早朝、フランコ大佐は、ついに突撃命令を下します。正午までにスペイン軍は山頂に到達。それでもリーフ兵の抵抗は止まず、銃剣やナイフを振るっての白兵戦は続きました。200名以上の損害を出しつつ、掃討戦が完了したのは、翌24日のことでした。

アルセマス上陸作戦 リーフ側も必死でした。高地が奪われたことは、首都アジールへの道が開かれたことを意味します。首都の陥落を阻止するため、アブデルクリムは、可能な限りの救援部隊を送り込み、防衛を試みました。
 が、それも支援砲火の前に粉砕されてゆきました。

 スペイン軍は、塹壕で抵抗するリーフ軍に対し、毒ガスまで使用しました。おそらくマスタードガスと思われます。十分な防毒装備を持たないリーフ軍は、混乱に陥っていきました。
 戦争における毒ガス使用は、この作戦直前の1925年5月のジュネーブ議定書によって禁止が決まっていました。ただ、発効は1928年となっていたので、この時点ではかろうじて合法です。リーフ戦争は、毒ガスが「合法」的に使用された、最後の戦場かもしれません。もっとも、発効後でも、「戦争」ではない、という主張がなされたかとも思いますが。

 10月2日、アジールを守る最終防衛線が突破されました。
 上陸以来の一連の戦闘でスペイン軍が蒙った損害は、少なくとも700人から1000人以上と言われます。一方のリーフ軍の人的損害は、明らかでないようです。

 戦術上の数字は不明ながら、戦略的にはリーフ共和国の受けた損害はきわめて大きなものでした。
 首都アジールは、アブデルクリムの故郷でもありました。地盤との連絡を絶たれたアブデルクリムの指導力は、徐々に低下します。アジールに蓄積してあった物資も失われました。補給拠点を失った、対フランス戦線も崩壊します。首都制圧から数日後、内陸へ進んだスペイン軍先遣隊と、ペタン元帥のフランス軍が接触に成功しています。
 なにより致命的だったのは、首都の陥落により、リーフ共和国の劣勢が国際社会に明らかになってしまったことでした。それまで協力的だったタンジールの商人も、手のひらを返したように冷たくなります。共和国の経済基盤となるはずだった鉱山利権も、スペインのものであるという認識が確定的となりました。
 集積物資をなくし、取引相手と資金源をも失ったリーフ軍は、以後、弾薬にこと欠く様になってゆきます。(第12回に続く
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/215-6dd4e7b6
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。