山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

回転翼の海鳥たち(第5回)

5.ドイツの科学力は世界一ィ
 ヘリコプターを世界で最初に実用化したのは、ドイツの有名な航空機メーカー、フォッケウルフ社でした。同社の創業者の一人ハインリッヒ・フォッケは、もともと回転翼機分野の専門家でもあったようです。加えて、同じく回転翼の専門家ゲルト・アハゲリスも、研究に参加していました。
 シエルバC.19のライセンスでスタートした研究は、1936年6月、最初の実用級ヘリコプターFw61となって実を結びます。女流飛行家ハンナ・ライチェによる屋内飛行など、輝かしい記録を残しました。(フランスのブレゲー314の方が最初の実用級の名にふさわしいという見解もあり)
fw61.png このFw61は、機体左右に1個ずつ主回転翼を持つ、現代ではまず見られない形式のヘリコプターです。ヘリコプターの実用化には、回転トルクという、もう一つの技術的課題がありました。ローターの回転に釣られて、機体の方も回転してしまう問題です。ドイツ人達は、これを左右のローターを逆回転させることで解決したのです。現在でも、機体の前後に回転翼を持つタンデムローター式という方式がありますが、これを横置きにしたのと同じ原理です。
 なお、機首についているのは、オートジャイロのような推進用プロペラではなく、エンジン冷却用のファンです。一見オートジャイロに見えてしまいます。

 フォッケとアハゲリスは、その後、フォッケアハゲリス社を設立し、実用ヘリコプターの製造に進みます。1940年には、Fa266「ホルニッセ Hornisse(雀蜂)」とFa223「ドラッヘDrache(竜)」という二種の量産型を開発していました。前者はルフトハンザ航空向けの6人乗り輸送機、後者は軍用輸送機型です。いずれも、Fw61と同じ並列ローター形式の機体でした。
 これらは12~30機程度が生産され、少数は実戦に用いられたようです。あのムッソリーニ救出作戦も、当初はFa223で行うはずだったようですが、故障のため固定翼機のFi156「シュトルヒ」で実行されています。

 さて、ドイツには別の回転翼機メーカーがありました。その一つが、フレットナー社です。創業者のアントン・フレットナーは、ローター船という特殊な帆船でも知られる人物です。
 フォッケウルフ社が大型輸送機を目指したのに対し、フレットナーは、回転翼機の艦載機としての可能性に早くから気付いていました。ヘリコプター以前にも、Fl184という海軍向けオートジャイロを開発しています。(失敗しましたが。)

 彼が最初に開発した実用級ヘリコプターが、1939年初飛行の単座機Fl265でした。このFl265も、フォッケのものと同じく2つの主回転翼を並置した方式です。機首にもエンジン冷却用ファンが付いているため、一見するとオートジャイロにも見えるのも同じ。ただし、主回転翼の回転円が交差するため、だいぶ洗練された感じがあります。
 海軍向けに6機が試作されました。
 Fl265を手に入れたドイツ海軍は、軽巡「ケルンKöln」での発着テストを試みます。ブルーノB砲塔上に設けられた15m四方の仮設飛行甲板での実験は、見事に成功します。Fl265は、ヘリコプターとして最初の艦載機になったのです。西暦1941年のことでした。(Youtubeに動画が上がっていました。)

 また、空軍の協力で行われた空戦実験でも、Fl265は優秀な結果を残しています。2機の戦闘機による模擬攻撃を、見事20分間に渡って避けきったと言います。
 しかし、Fl265は、より高性能のFl282「コリブリColibri(ハチドリ)」の完成により、量産はされませんでした。

fl282.jpg フレットナーが完成させた新しいFl282は、もうオートジャイロもどきの姿ではなく、機首にむき出しの操縦席が無骨な、2人乗りのコンパクトな観測機でした(画像は米軍の戦後テスト)。機体中央のエンジンを挟んで、後方に観測員席があります。
 完成した試作機は、すぐに艦上テストに投入されます。1942年、再び軽巡「ケルン」を使っての実験があり、成功。さらに地中海方面でも、敷設艦「ドラッヘDrache(竜)」上での実験に成功します。(ちなみに、この敷設艦「ドラッヘ」は、元ユーゴスラビア海軍の水上機母艦「ズマイZmaj(竜)」で、鹵獲されてドイツ空軍警備艦を経た後、海軍の敷設艦になるという数奇な運命を辿った船です。)1943年には、駆潜艇「UJ1210」での発着という離れ業まで成功させました。潜水艦での試験も行われたようです。(こちらのYoutube動画の後半に発着試験や爆雷投下の様子が写っています。素晴らしい運動性です。)

 結果に喜んだ海軍は、地中海方面での対潜警戒用として、1000機の大量発注をします。
 が、そのほとんどは完成しませんでした。急を要する戦闘機生産が優先され、発言力の無い海軍機は資材調達もままなりません。そして生産工場が空襲で破壊されたとき、全てが潰えたのでした。
 それでも、増加試作機など含め数十機が実戦配備されたようです。主に地上配備かと思います。もっとも、地中海方面にあったドイツ水上艦には、元フランス水上機母艦などがありましたから、あるいはそれらでも運用されたかもしれません。(第6回へつづく

訂正
 フォッケウルフのクルト・タンク博士が、Fw61の開発に参加していたかは、怪しいことがわかったので、記述を削除しました。広田厚司「続・ドイツの傑作兵器駄作兵器」には、参加していたような記述になっているのですが、Fw61のベースに使われたFw44「シュティークリッツ(ヒワ)」練習機の設計をしたというだけのようです。
 なおFw44は、同書によるとオートジャイロとされていますが、普通の複葉練習機です。胴体部分が、Fw61に流用されています。オートジャイロの研究ベースに使われたかは、定かではありません。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/223-9163f0c2
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: