山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

回転翼の海鳥たち(第9回)

9.海の上のエンジニア
(承前)このほか、対潜ヘリとはまったく別の試みとして、米陸軍の航空機修理船に搭載されたR-4部隊が存在します。
 航空機修理船USArmy Aircraft Repair Shipとは、海上航空修理部隊Aircraft Repair Units, Floatingの装備する貨物船改造の移動航空廠のことです。海上航空修理部隊は、地中海戦域で前線航空機整備の困難を知った米陸軍が、太平洋戦域での使用を考え編成した特務部隊です。その存在は秘密とされ、暗号名「象牙色の泡Ivory Soap」で呼ばれていました。

 改造の原型となったのはC3型戦時標準船、いわゆるリバティー船で、1944年秋に6隻が改装されました。船内の修理設備のほか、前部甲板には発着スポットと駐機スペースが各1機分ずつある飛行甲板が設けられ、R-4Bヘリコプターが2機搭載されています。重機材運搬用の水陸両用車なども積んでいます。兵装はリバティー船の標準武装に若干機銃を足した程度でしょうか。
libertyship_r4_helicopter
 乗員は、陸軍の整備士のほか、海軍の射撃要員、民間の運行要員など多方面からの混成です。
 船名は、すべて将軍の名前をもらっていました。こちら「U.S.Warships」(日本語サイトです。)の陸軍USAARSの項目で、確認することができます。

 これら6隻の航空機修理船は、6つの海上航空修理部隊に配備され、1944年末からマリアナ諸島や硫黄島へ進出。損傷したB-29爆撃機やP-51戦闘機の修理にあたりました。修理された機体は再び日本へ向けて飛び立ち、多くの都市を焼け野原に変えたことでしょう。
 飛来する日本軍機とも交戦しています。「ハーバート・ダーグHerbert A. Dargue少将」号は、サイパンで2機、硫黄島で1機を撃墜したと記録されているようです。
 6隻分合わせ12機の搭載ヘリは、部品輸送や連絡任務、不時着搭乗員の救助などに幅広く活躍しています。大戦中、最も活躍したヘリコプター部隊かもしれません。(第10回に続く

追記
 なお、ヘリを積まない小型の航空機整備船を中心とした、海上航空整備部隊も18個編成されています。こちらは、いずれも大佐の名前を船名にしています。

 航空機修理船がサイパンで撃墜したのは、いずれも「一式陸攻」とされています。
 確かに、サイパンに対しては、硫黄島経由の陸攻・重爆による強行偵察や夜間空襲が行われています。米軍はしばしば重爆と陸攻を誤認しているため、機種までは必ずしも確かではありませんが、撃墜された「一式陸攻」は、必死の思いで飛んできたこれらのいずれかと思われます。

 日本陸軍にも「船舶航空廠」と呼ばれる同種部隊が存在していました。第17・18船舶航空廠の二つが編成されたようです。
 うち、第17船舶航空廠は、航空工作船「彌彦丸(弥彦丸)」(板谷商船,5747総t(後掲渡辺では6900総tとするが同名船との混同か。))を装備して、西はビルマのラングーンから、東はラバウルにまで進出して活動しました。廠長の大久保少佐以下200名ほどが乗船し、航空エンジン2基/日の整備能力を有したと言います。言うまでもないですが、ヘリコプターは搭載していません。
 「弥彦丸」は、1944年1月10日に、輸送船8隻・駆逐艦「刈萱」等からなる第127船団の一員としてフィリピンへ向かう途中、米潜水艦の雷撃で撃沈されています。僚船「飛鳥丸」の救助活動を試みた際に被雷したようです。死者202名。
 また、艦隊随伴用ということで若干性格は異なりますが、英海軍にも航空整備艦「ユニコーンUnicorn」という艦が存在しました。立派な軽空母に近いものです。
 参考:渡辺洋二「液冷戦闘機『飛燕』」(改版,文春文庫,2006年)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/227-a0247f85
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。